歯科コラム

転職時に不安な人間関係|スタッフ同士の交流を大切にする歯科医院とは

転職時に不安な人間関係|スタッフ同士の交流を大切にする歯科医院とは

転職する際、不安に思うことのひとつとして「人間関係」が挙げられます。
どんなに最新医療や設備がある職場環境であっても、スタッフ間のコミュニケーションが取れていなければ、スムーズな診療は成り立ちません。
転職を考える際には、希望している就職先の雰囲気などもチェックポイントのひとつとして考慮すべきです。

そこで今回、スタッフ同士の交流に力をいれている今井歯科が、どのようにしてスタッフ同士の信頼関係構築をおこなっているかご紹介します。転職の際の参考にぜひご覧ください。

今井歯科が考える「人間関係の構築」がもたらすもの

今井歯科の魅力のひとつが、人間関係のよさ。患者様との関係だけではなく、スタッフがお互いに抱く信頼感も、強固なものとなっています。

■患者様との信頼関係を築くことの大切さ
歯科医院において、「人間関係」の構築は非常に重要です。
患者様のお口の中の状態はさまざまで、性別や年齢によっても違います。
それゆえ今井歯科では、患者様としっかりコミュニケーションをとり、その情報をもとに治療プランを立てていくようにしています。それが患者様の満足度につながり、よい歯科診療を提供することに繋がると考えています。

■院内スタッフ間の「人間関係」の大切さ
人間関係の構築は患者様のみならず、歯科医師をはじめとする歯科衛生士や受付、歯科技工士などのコ・デンタルスタッフ間、また取引業者様や近隣地域の方に至るまでも大切だと考えています。
院長の掲げるモットー「環境は人を育てる」。そのことが院内スタッフの成長に繋がっています。

理想の職場とは? スタッフ間の「人間関係」がよい環境にあること

理想の職場とは? スタッフ間の「人間関係」がよい環境にあること
いくら最新の医療機器を導入していても、それを使う人間が互いに信頼しあっていなければ、真価を発揮することはできません。理想の職場とは、ただ物理的な環境だけではなく、人間関係といった心理的な環境もよい場であってこそなのです。

■安心して仕事に従事できる「人材育成カリキュラム」
転職先で心配なことのひとつとして、前職経験があることから「わかって当たり前」というスタンスで迎えられると困惑することもあると思います。
今井歯科では、職種ごとに人材育成のためのカリキュラムが確立しており、入社から1か月単位でできることを分割して覚えるシステムができています。ですから、入社してすぐでも安心して働くことができます。

■院内勉強会が充実している歯科医院
臨床の現場では、患者様の面前ということもあり、1から10まで細かく指導を受けることが難しい場面があります。しかし解らないことをそのままにしておけば、自分の成長にもつながらないどころか、重大なミスにも繋がりかねません。

そこで院内で行われる勉強会やミーティングを充実させている歯科医院は、スタッフ間で意見交換することで問題を解決したり、意識を高め合うことが可能。今井歯科でも院内勉強会を充実させ、スタッフの自主性を尊重した勉強会に力をいれています。
歯科医師と歯科衛生士・受付・技工士など異職種同士の意見交換をすることで、さまざまな角度からの考え方を知ることができ、臨床現場でのチームワーク力の向上に繋がるのです。

■職場の「福利厚生」も参考に
仕事外の充実度も仕事をするうえでのモチベーションに繋がる部分ですので、福利厚生面を選択肢のひとつとしてチェックしてみてください。
今井歯科では、基本的な保険に加え、仕事だけでなくプライベートも充実してもらえるように「アウトソーシング型福利厚生サービス」に加盟しています。
またセミナー参加補助制度として、院外での意欲的な学びに対する還元もあります。
転職した際の「職場についていけるかな?」「職場の雰囲気に馴染めるかな?」という不安にも対応できる、充実した保障といえるでしょう。

■希望の歯科医院へ事前に見学に行きましょう
求人票やホームページの内容だけでは、その歯科医院のスタッフの人間関係までは垣間見ることが不可能です。もしも可能であれば、希望の歯科医院の面接を受ける前に見学されることをおすすめします。
見学は通常の診療時間に行きましょう。現スタッフがどのような雰囲気で働いているのかも感じることができます。
その雰囲気の中に、自分が働いていることがイメージできるかどうかは重要な検討の材料となります。就職後のギャップに悩まされるような事態を、事前に回避することができます。

今井歯科が大切にしている「スタッフ間の信頼関係」

今井歯科では、誰でも確かな技術を身につけられる環境が整っています。スタッフ数が多いため、指導だけではなく後輩への配慮の仕方にも慣れた先輩ばかりです。

■今井歯科に就職した歯科医師が想うこと
歯科医師として就職先を検討するにあたり、知識や技術の向上のために学べる職場環境であるかどうかはとても重要なポイントです。
今井歯科に勤める歯科医師は、まず院長の歯科医療に対する熱意と、やはり「学べる環境」であることが就職を決めるポイントだったといいます。
そしてなにより、他の歯科医師やスタッフの雰囲気の良さが決め手になった人も多いようです。
先輩歯科医師の親切な指導と、院内勉強会や外部勉強会へのネットワークも多く、スタッフの協力のお陰で、入社1年目からたくさんの学びと出会いを提供してもらえる職場です。

■今井歯科に就職した歯科衛生士が感じたこと
先輩歯科衛生士が多く、幅広い知識と経験を積むことができる歯科医院です。
新人研修が確立しており、入社後は3カ月間先輩歯科衛生士に就き、細かいスケジュールで実践の段階を踏ませてもらえるため、解りやすく確実に習得することができます。
スタッフ数の多い歯科医院ということで人間関係に不安もあるかもしれませんが、スタッフ間の雰囲気がとてもよい職場です。

先輩方が常に気にかけてくれる環境で、地方から就職するなどの環境であっても私生活も充実し、よい仕事への原動力となっています。
医院の方針で自主的な提案も聞き入れてくれるため、入社後に関連資格なども学ぶ機会を得られ、スキルアップできることも嬉しいことのひとつです。

■スタッフ同士のコミュニケーションを大切にする環境
歯科医師がいて、その下にコ・デンタルスタッフという構図では、通り一遍の偏った方針となってしまいがちです。
今井歯科では異業種の壁を取り払い、歯科医師も歯科スタッフも意見を出し合える環境です。院内勉強会では「皆さん仲良くしてね!」という言葉をよく用います。人間関係をよくすることが「チーム力」にそのまま反映されると考えているのです。

自分を理解し、仲間を理解し、お互いに認め合い、お互いに譲り合い、お互いに助け合い、みんなでたくさんの「ありがとう」の言葉を頂くこと。これを目標にして診療に従事しています。

まとめ

スタッフ同士の交流を重要視し、個人の意欲を尊重している今井歯科。高い志のスタッフが多く、転職での採用であっても1から丁寧に対応できるため、安心して働ける職場であると言えます。

転職時には、次に希望する職場の人間関係は重要な検討項目です。転職後に「思っていたのとは違った」と後悔しないためにも、事前に見学するなどして、できる限りの情報収集をおこなった上で転職されることをおすすめします。