歯科コラム

歯科衛生士の転職前に確認したい!院内の指導・育成

歯科衛生士の転職前に確認したい!院内の指導・育成

歯科衛生士は、働く歯科医院によって労働環境が大きく変わることがあります。せっかく取得した国家資格ですから、やりがいを感じることができ、働きやすい環境に身を置きたいものです。そこで、歯科衛生士が転職する際に確認しておきたい、希望医院の指導・育成の状況などをご紹介します。少しでも働きやすく、好待遇の歯科医院に出会えるための知識を高めるためのノウハウです。

希望する歯科医院の情報収集は入念に

■歯科医院の経営理念を確認
転職の際、まずは希望する歯科医院の求人票やホームページなどにある「経営理念」を確認しておきましょう。その歯科医院がどのような目標をもって、どんなコンセプトで患者様に向き合っているかが解ります。入社後「思っていたのとは違う」とならないためにも、実際に質問してみるのもよいでしょう。

■歯科医院の紹介項目をよく把握する
歯科医院の紹介欄には、院内の様子や診療科目、診療時間、アクセス方法などさまざまな情報が掲載されています。どのような診療科目に力を入れているのか、それが自分の希望とズレはないかを確認しておきましょう。診療時間やアクセス方法なども重要。その周辺の交通事情なども確認し、スムーズに通勤できるかどうかなども確認しておきましょう。

■歯科医院が求めるスタッフ像と合っているか
求人サイトや医院のホームページにリクルート欄を設けている場合は、その歯科医院が求めるスタッフ像が記載されていることもあります。どんな人材を求めているのかを知り、どれくらいのサポート体制があるのかなども知ることができます。転職するからには、次の職場は自分の働きたいキャパシティに合った職場を選びたいもの。院内の新人育成へのサポート体制や、キャリアアップへの積極的なバックアップなどをしている歯科医院もあるので確認しておきましょう。

■設備は充実しているか
働くうえで、使用する設備も重要です。医療業界というものは材料や薬品などの開発が日々進歩しています。すべてが最新のものをとはいかないまでも、最新技術に興味をもって日々精進しようと前向きな歯科医院のほうが、スキルアップするには良い環境といえます。

新人サポート体制の充実

新人サポート体制の充実
■求人サイトなどを上手に利用しましょう
歯科医院の中には新人サポート体制がなく、入社後、「見て身体で覚えて」的な態度で働きにくいといった環境の歯科医院もあります。しかしその部分は、転職する前に見極めることが難しいかもしれません。そこで、歯科専門の求人サイトなどを利用すると、細かくサポート面まで書かれていることが多く、転職の際には役立ちます。

■どんなサポート体制が望ましい?
現場経験があるとはいえ、やはり初めての職場環境では「解ってるでしょ?」という態度をとられるのではないかと不安になります。ですから転職する側としては「新人教育をどのように実施しているか」は重要なポイントです。今井歯科では職種ごとにきちんと段階を経て教育できるようカリキュラムが確立しています。このように忙しい中でもきちんと新人教育に対応できるシステムのある歯科医院で働かれることをおすすめします。

■福利厚生面の充実度も転職のカギ
職場環境や目指す方向性ばかりに目が行きがちですが、転職の際には福利厚生面もとても重要項目です。たとえば交通費や住宅手当があるのかどうか。そして出産・子育てを機に転職する場合、「有休・産休は取りやすい環境なのか」「勉強会参加のために有休を取りやすいか」などは確認しておいたほうがよいでしょう。

スタッフの成長環境は整っているか

■勉強会やセミナーなどの充実度
向上心があり、歯科衛生士としてのキャリアアップを求めるのであれば、勉強会やセミナーへの参加を積極的におこなっているかどうか確認しておきましょう。今井歯科では個々人の要求等にも耳を傾け、議題提案もできます。スタッフの技術や知識の向上のために勉強させてくれる職場は、働きながらキャリアアップすることも可能。どんな内容の勉強会を行っているのか事前調査してみるのも良いでしょう。

■各学会への参加状況
転職希望先の歯科医院が、学会に積極的に参加しているかどうかも、キャリアアップを考えているのであればポイントです。学会は全国大会や地方大会に分かれ、さまざまな専門分野で毎年開催されています。平日開催ということも多く、医院自体あまり積極的に参加が無い場合は、もし参加したくてもサポートが得られない場合もありますので、確認しておいた方がよいでしょう。

■先輩方の志の高さ
今井歯科のスタッフは、成長意欲の高い人たちばかりです。このような先輩たちに囲まれて働いていることで、自分の成長にも大きく影響してきます。開かれる勉強会の内容も、歯科の専門分野だけにとどまらず、患者様と接するための「接遇」に関する研修や他院の見学なども取り入れています。技術だけでなくスタッフが働きやすい環境や患者様の満足度向上のための学びなど、多方面に渡る学びを受けることができ、人としても大きく成長することができます。

ママ歯科衛生士へのサポート面は充実している?

ママ歯科衛生士へのサポート面は充実している?
■転職する理由が「育児と仕事の両立」であるならば
転職する理由が、育児があり常勤できないからということであれば、転職先は子育て中であるということを理解し、時に子供を優先させてくれるようなサポート面の充実度を確認しておいた方がよいでしょう。

■勤務時間は?
働いている間、子供をどこに預けるのか。保育園であればお迎えの時間を考えて仕事を切り上げなければなりません。中には、パート制のママ歯科衛生士を短時間ずつシフト制でローテーションしたり、急な病気でも休めるようにパート人員を多めに採用したりする歯科医院もあります。

■ママ歯科衛生士の復職をバックアップ
今井歯科では、ママ歯科衛生士でも働きたい意欲のある人を応援しています。ブランクがあり復帰が不安であったり、お子さんが小さいなどの理由で短時間だけの勤務希望でも大丈夫です。約30人のスタッフの協力体制でシフトしますので、急な事情でのお休みや有休休暇など取りやすい環境です。

まとめ

転職を行うということは、前職場より変化を求めるからこそのアクションだと思います。求人情報だけではなかなか細かく解らないため、面接よりも前に見学を申し込むのもよいでしょう。実際の診療風景やスタッフの対応、スタッフ同士の雰囲気などが掴めます。そしてその場に自分が一緒に働いているイメージができるのかどうかがポイントです。

今井歯科ではホスピタリティあふれる歯科衛生士さんを募集しています。見学も歓迎いたしておりますので、ぜひ実際に職場をご覧になってください。向上心にあふれる私達と一緒に働きませんか。