歯科コラム

歯科医師の技術向上のために実施できること

歯科医師の技術向上のために実施できること

歯科医師として、日々技術を向上させることを心掛けるは大切なことです。日々診療する中から培われるものもありますが、外部からの知識や情報にも広くアンテナを張ることも大事です。そこで今回は、歯科医師が学びを深め、技術を向上させるために実施できることやその方法を考えてみましょう。

歯科医師として勤務先で得たいものとは?

■歯科医師として技術向上できるかは、職場選びが最も重要!
みなさんが職場選びする際、勤務先に求めるものは何でしょうか。歯科医師免許を取得したからには、自分の納得のいく職務を遂行したいものです。そのためには、歯科医師として勤務医としてどのように学び、どのように技術を高めていくことが必要なのでしょうか。毎日診療に追われて時間ばかりが過ぎていくのではなく、日々充実した学びのある職場に出会いたいものです。

■歯科医師として職場で学びたいこと
まず、歯科医師として勤務しながら身につけたいことは主に2つあります。ひとつは「臨床の場で基礎力を確実に身につける」ということです。何はともあれ臨床の現場というものは、なるべくたくさんの経験を積むことが大切。基本的な土台をしっかりと固めましょう。ふたつ目は「歯科医院の経営ノウハウを身につける」ことです。将来開業や分院するなど、自分が診療だけでなく経営も担う立場になった時のためには、勤務医時代の経験が重要です。どちらにおいても、将来自分のために学びの多い歯科医院を選ぶことがポイントです。

■どんな勉強会に参加しているか内容を確認しておきましょう
歯科医師として技術を向上させるためには、日々の診療だけでなく、学会やセミナー、講習会などに積極的に参加して学びを深める機会を持ちたいものです。たとえば今井歯科のホームページには、過去の学会や勉強会、セミナーや講習会などへの参加歴が掲載されています。自分の方針と学べる専門分野やジャンルが合致しているか、技術を高めたい領域を合っているかなどを確認しておくとよいでしょう。

■就職希望先には事前に見学に行きましょう
就職の際に、歯科医師に一番おこなっておいて欲しいのが「事前の医院見学」です。求人票だけでは、その歯科医院の内情はわかりません。患者層や忙しさ、使用している医療機器や薬剤、施術方法などももちろんですが、働いているスタッフの雰囲気なども重要なポイントです。組織の中に自分が入って働いているイメージが持てる環境かどうか、実際にその場を体感してみるのはとても参考になると思います。今井歯科ではいつでも見学大歓迎です。

歯科医師としての知識・技術向上のための「院内勉強会」

歯科医師としての知識・技術向上のための「院内勉強会」
■組織の「チーム力」をはぐくむことの大切さ
歯科医院という場所では、歯科医師単独の力だけでは成り立ちません。歯科衛生士、歯科助手、医療事務(受付)、歯科技工士などによって構成されるスタッフが、それぞれの役割をもってバランスよく業務に携われる「チーム力」が必要不可欠です。院内での勉強会は、知識や技術を深めることはもちろんですが、同じ医院で働く同僚と横並びになって絆を深めます。布いてはそれが患者様の満足にもつながるのです。

■院内の新人育成プログラムが充実している
そこで歯科医師が働きながら学びを深めることができる環境とは、新人教育の育成プログラムがしっかりとできている歯科医院です。順序立てて学んでいくことができ、どのくらいの時期に自分がどれくらいの技術が身についているという予測を立てることができるため、将来設計しやすいと思われます。今井歯科では「IS9001」を取得し、クオリティの高い医療を提供するための院内システムを運用。技術力をアップさせるためのカリキュラムがしっかりとできているので安心して学ぶことができます。

■グループ勉強会など交流を図ることで技術向上する
今井歯科は医療法人社団「大志会」として分院があります。その組織に所属している歯科医師が集い、同じセミナーや講習を受け、組織全体の技術の統制を計ります。またそれぞれのスキルを共有し合い、グループ全体での知識や技術向上を目的とした取り組みを行うものです。大きな組織の歯科医院に所属すると、このように院内で働きながらさまざまなことを学ぶことができます。

「外部講習会」への参加で知識・技術向上を図る

■外部の講習会参加へ積極的に参加して学びを深める
これは歯科医院の育成体制によっても違いますが、歯科医師の技術向上のためにセミナーや講習会に参加することを友好的にバックアップしてくれる歯科医院もあります。そのような職場環境であれば、診療時間中に開催されるような場合でも休暇申請や一時間帯に外出などもしやすく、気まずい思いをせずに勉強会に集中できます。今井歯科では全国の著名な歯科医院の先生方やスタッフの方々との交流があり、さまざまな情報交換の機会も持つことができます。

■個々の「学びたい」意識をバックアップしてくれる職場環境
外部で行われている歯科系のセミナーや講習会はたくさんあります。歯科全般のことから専門分野に至るまで、また歯科にも繋がりをもつ全身疾患に関することや、経営・接客に関する講座なども診療に活かすことができます。今井歯科での取り組みは、経営者側の一方的な参加ではなく、個々人の「勉強してみたい」「これも歯科に活かせるのではないか」というような要望を受け入れて勉強会に参加できる職場環境です。

■他院の見学や勉強会へ参加する
他院へ見学に行くのも参考になります。システムが確立していることで成功をおさめ、その技術やノウハウを見学することをオープンにされている医院もあります。特に同じ専門分野の歯科医院を見学に行くのは非常に勉強になります。また、他院の知識や経験が豊富な歯科医師が行う勉強会に、院外の希望者も参加可能なものもありますので、多方面へアンテナを張っておくとよいでしょう。

まとめ

歯科医師として技術を向上させたいと思うのは当然の思いです。しかし、実際の臨床現場においては、勤務医時代にどこで勤めても自分の理想の学びができるとは限りません。自身がどのような歯科医師になりたいのか理想を掲げ、そのためにはどのような学びが必要なのか考えてみましょう。そして良い職場環境で働けるように、職場選びも慎重に。希望の職場が取り組む勉強会やセミナー、講習会などの情報も確認して、自分の目指すものと同じ方向性の職場に勤務することが、技術向上への近道となることでしょう。

今井歯科では、技術向上にために努力を惜しまず、質の高いチーム医療をともに目指してくださるスタッフを募集しています。向上心の高いスタッフたちと是非一緒に働きましょう。