歯科コラム

未経験から歯科衛生士に転職はできる?

未経験から歯科衛生士に転職はできる?

昨今、予防歯科が広く普及したり、ホワイトニングなどの審美歯科治療の需要が高まったりするなどして、歯科衛生士の求人も増加傾向にあります。多くの歯科が歯科衛生士を求めている現状、未経験からでも歯科衛生士になるという選択肢も十分にあり得ます。けれどもやはり、未経験という点で不安に感じてしまう人も少なくないことでしょう。未経験でも歯科衛生士への転職は可能なのでしょうか。ここではそんな未経験者が歯科衛生士に転職する方法について詳しく解説していきます。

歯科衛生士って誰でもなれるの?

歯科医院で働いているスタッフは、主に歯科医師、歯科衛生士、歯科助手の3者によって構成されています。このうち、全く資格がいらないのは歯科助手だけで、歯科医師と歯科衛生士に関しては、国家試験に合格しなければ、実際に働くことが許されていません。つまり、歯科衛生士は誰でもなれる職業というわけではなく、歯科衛生士の国家試験に合格することにより歯科で働くことができる職種なのです。

歯科衛生士の国家資格を取得する方法

歯科衛生士の国家資格を取得するためには、専門の学校に通わなければなりません。歯科衛生士の国家試験受験資格が得られるのは、専門学校だったり大学だったりと形態はさまざまですが、所定の単位を取得し、実習も受けることで国家試験の受験資格が与えられます。未経験から歯科衛生士に転職を考えているのであれば、まずは学校に入ることからはじめましょう。日本にはたくさんの歯科衛生士の学校がありますので、おそらく皆さんの地域にもいくつか存在しているのではないでしょうか。

やっぱり経験者が有利?

やっぱり経験者が有利?
歯科衛生士に限らず、どのような職種においても、転職では基本的に経験者が有利であることに違いありません。それは即戦力を求める職場であれば、なおさらでしょう。けれども、歯科衛生士の転職においては、経験者が絶対的に有利というわけでもないのです。いくら経験を積んできた歯科衛生士であっても、モチベーションが低かったり、コミュニケーション能力が乏しかったりすると、歯科としてはなかなか採用しにくいという一面もあります。つまり、未経験の人でも自分の強みをアピールできたなら、良い結果が得られるチャンスもあるということになります。とくに、前職が接客業などの場合は、患者さんとのスムーズなコミュニケーションが得意かもしれません。こうした経験はプラスに働くこともあるため、経験者が有利とは一概にも言えないのです。

未経験であることが有利に働くポイントについて

上述したように、歯科医療では患者さんとのコミュニケーションが非常に重要となってきます。とりわけ歯科衛生士は、歯医者と患者さんとをつなぐ重要な役割を担いますので、コミュニケーション力が高いに越したことはありません。これまでの経歴で接客業などの経験があると、転職の際に有利に働くといえるでしょう。また、ハキハキと元気よく会話をしたり、気持ちの良い挨拶ができたりするだけでも、歯医者から好印象を持たれます。

また、歯科衛生士としてこれから働いていく上で、高いモチベーションを持っているのであれば、それも歯医者に好印象を与えます。歯科衛生士の業務は、かなり多岐にわたりますので、やる気がなければなかなか続かないからです。その点、モチベーションが高ければ、長く続けてくれると思われるので、好印象へとつながります。

経験者が不利になるポイントについて

歯科衛生士の経験者が転職をする際には、基本的に有利になることが多いですが、歯科によっては未経験者の方がありがたいこともあります。それは、自分の歯科のやり方を1から学んでもらえるからです。歯科診療というのは、それぞれの歯科医院で大きく異なりますので、経験者が転職した際、なかなかやり方を変えられないことも珍しくありません。そうした摩擦が起こることは歯医者としてもあまり好ましくないため、まだ何も身に付いていない未経験者の方が人材として求められていることもあるのです。

一番大事なのは人間性

一番大事なのは人間性
歯科衛生士を雇うのは、歯医者ではありますが同じ人間です。経験者や未経験者など、転職希望者にはそれぞれ異なる事情があっても、最後に決め手となるのは、一緒に働きたいと思うかどうかです。そういう意味では、面接の際にきちんと自分の人間性を伝えることが大切です。それができれば、例えば未経験であっても転職に失敗することはありません。

まとめ

このように、未経験から歯科衛生士になるためには、国家資格を取得しなければなりませんが、その後は自由に職場を選ぶことができます。未経験という点が不利に働くことがあるかもしれませんが、転職できないということはまずないでしょう。大切なのは歯科衛生士として働いていくモチベーションであり、自分自身の人間性です。それらを採用面接で上手く伝えることができれば、希望する歯科医院に転職することは難しいことではありません。