歯科コラム

歯科医の転職|分院長求人の条件や分院長になるメリット

歯科医の転職|分院長求人の条件や分院長になるメリット

あらゆる業界で、上を目指す人たちの転職が絶えないように歯科医師でも転職を考えている人は多く存在します。総合病院や大学病院など、大きな病院を目指すという方もいれば、地域に密着したクリニックへの転職を希望する人もいるでしょう。こうした歯科医の転職を考えた際、分院長になるという選択肢も存在しています。開業して自分の歯科医院を持つわけではないにしろ、1つの医院のトップになれるという点では、非常に魅力的といえます。ここではそんな分院長の求人について、雇用条件や分院長になることのメリットなどを詳しく解説します。

分院長とは?

分院長とは、医療法人など、複数の歯科医院を経営しているグループで、そのうちのひとつの施設の院長になることを意味します。最近では、医療法人化する歯科医院も増えてきて、分院長の求人もよく目にするようになりましたよね。そんな分院長には、主に2つのパターンがあります。それは新規出店する分院の場合と、既に出店済みの分院との場合です。それぞれで特徴が異なりますので、詳しく解説します。

新規出店の分院長の特徴

新規出店の分院長は、歯科医師や歯科衛生士、歯科助手などの人員の採用から携わることが多くなっています。新規出店では、まだ物件の選定などしか決まっていないため、1から歯科医院を作り上げていくこととなります。そのため、当然のことながら患者さんもゼロの状態から始まります。そういう意味では、やりがいを感じられると同時に、大きな責任を背負うことにもなるのが新規出店のパターンといえます。

出店済みの分院長の特徴

出店済みの分院長の特徴
もうすでに出店されている歯科医院で分院長をする場合は、店舗はもちろんのこと、人員や患者さんもすでに固定されているため、前任者のあとを引き継ぐという形になります。それだけに、以前からのやり方を継承しなければならず、決して自由度が高いとはいえないでしょう。けれども、経営が破綻するような大きなリスクを背負うこともありませんので、安定を求めるのであれば出店済みの歯科医院の方が良いといえるでしょう。

応募の条件とは?

分院長の求人では、それぞれで求められる条件が異なりますが、共通していえるのは、歯科医師としての技術だけではないという点です。スタッフをまとめていくマネジメント力は不可欠ですし、利益を上げていく経営能力も求められます。そういう意味では、一般の歯科医の求人より、非常にハードルが高いといえるでしょう。

分院長の求人について

分院長の求人は、一般の歯医者の求人と比べると、かなり少ないといえます。とはいえ、年々増加する傾向にあり、タイミングが合えば誰でも応募することが可能です。求人情報を小まめにチェックしていると、分院長の求人を見つけることができるかと思います。分院長の求人が発生した際に、すぐ応募できるよう、あらかじめ準備しておくことが大切です。分院長の求人は、比較的人気がありますので、もたもたしているとすぐに決まってしまいます。

分院長になることのメリットとは?

分院長になることのメリットとは?
ここまで、分院長について、仕事内容や応募の条件等、詳しく解説してきましたが、そもそもどんなメリットがあるのか知りたいですよね。わざわざハードルの高い分院長になるのですから、それなりのメリットがなければ、分院長を目指そうというモチベーションも保てないかと思います。

そこでまずお伝えしておきたいのが報酬面です。分院長になると、一般的な勤務医よりも明らかに高額の報酬が得られるようになります。この点は、分院長になることの主なメリットといえます。さらに、分院長になると働き方の自由度が増します。もちろん、大元である経営母体の了承を得なければなりませんが、診療時間や診療方針、それから人材の雇用など、ある程度、分院長の自由にできるようになるため、仕事に対するモチベーションも上がります。

同時に、歯科医院の経営に関しても学ぶことができます。分院長の仕事というのは、歯科医として診療に携わるだけでなく、分院として利益を上げるように努めなければならないからです。これはそのまま、歯科医としてだけでなく、経営者としてのキャリアアップにつながるため、将来、開業する時の糧となることは間違いありません。分院長として学んだことが、将来自分の歯科医院を経営する際に、そのまますべて生かされるといっても過言ではありません。

まとめ

このように、歯科医として転職を考えた際、分院長という選択肢もありますので、興味のある方はさらに詳しく調べてみてください。分院長には、勤務医にはない面白みややりがいがあり、大きなメリットも得られるため、非常におすすめの転職といえます。とくに、給与の面でもっと優遇されたいと感じていたり、将来開業するために、経営を学んでおきたかったりする人には最適な転職といえるのではないでしょうか。もちろん、分院長の求人は決して多いわけではありませんが、定期的に募集されているものです。歯科医院の法人化が増えている昨今、分院長の求人も増加傾向にありますので、気になる方は注目してみてください。