歯科コラム

歯科衛生士がブランクありでも転職しやすいワケ

歯科衛生士がブランクありでも転職しやすいワケ

歯科衛生士の方で、出産や育児でブランクが生じた場合、歯科衛生士としてきちんと復帰できるのか、不安に感じている方は多いことかと思います。そんな復職を考えている歯科衛生士さんの悩みについて解説し、それぞれの解決策をご紹介します。

ブランクがある歯科衛生士を採用してくれるのか?

出産などで現場から離れる期間があった歯科衛生士は、そもそも採用してくれる歯科医院があるのか不安になるのではないでしょうか。採用する側の歯科医院も、ブランクがなく、継続して歯科衛生士の業務を行っている人材を欲しがるように思えます。確かに、ブランクがあることによってプラスの効果が生まれるかといったら、おそらくないものと思われますが、マイナスの効果が大きいかといったら、そういうわけでもありません。

なぜなら、歯科衛生士の求人を見てみるとわかりますが、かなり多くの歯科医院がブランクのある人でも構わない、というスタンスで人材を募集しているからです。これは歯科衛生士にブランクがつきものだからです。歯科衛生士の大半は女性ですし、歯科衛生士として働いていく中で、その多くが妊娠や出産、育児を経験することになります。そのため、採用する側の歯科医院としても、出産や育児などでキャリアにブランクがある人材というのは、それほどマイナスではないと考えるのです。そのため、ブランクがある歯科衛生士を採用してくれる歯科医院はいくらでも存在するといえます。

きちんと診療をこなせるか不安

出産や育児などで数年間のブランクがある場合、その期間は患者さんのお口の中に触ることはありませんし、診療に使い器具を扱うこともあります。それだけに、ブランクの後、歯科衛生士として復帰した際、毎日の診療をきちんとこなせるか不安になることかと思います。ブランクの期間が長ければ長いほど、その不安は大きくなります。

けれども、その点についてもそれほど心配する必要はありません。歯科診療に関わる技術というのは、ある意味、体で覚えていることなので、数年ぶりに現場復帰しても、意外にすんなりと診療をこなせるものです。もちろん、休職をする前と同じようにテキパキと動くには、それなりに時間がかかりますが、極端に心配する必要はないといえます。

歯科助手から復帰するという方法もある

歯科診療は、患者さんのお口の中に処置を加える医療行為ですので、ブランクによって不安が大きい場合は、歯科助手から始めるという方法もあります。歯科衛生士と歯科助手とでは、診療で行えることが大きく異なりますし、長いブランクがあっても、比較的スムーズに現場復帰することが可能です。そうして歯科助手の業務をこなすうちに、昔の勘を取り戻すことができたら、改めて歯科衛生士として転職してみてはいかがでしょうか。

歯科衛生士以外の職歴がある場合

歯科衛生士以外の職歴がある場合
ブランクの期間中、その他の職種についていた場合、履歴書にも職歴として記載しなければなりません。そういったケースというのは、採用においてマイナスになることが多いですが、それはあくまで一般企業の場合です。歯科衛生士の場合は、ある種サービス業に近いところもあり、患者さんとのコミュニケーションがかなり重要な部分を占めます。それだけに、他職種の経験があるということは、採用においてプラスに働くといえます。

歯科衛生士としてブランクがある場合は、その理由が出産や育児でなくても良いということになります。別の業界で働き、その経験をもとに歯科衛生士として復帰したいと希望している人は、歯科医院側として非常に魅力的に映ります。そのため、例え10年という長いブランクがあったとしても、歯科衛生士としての転職や復職を諦めないでください。そうした人材をぜひとも採用したいと考えている歯医者はたくさんいます。

育児と両立できるかが不安

さて、出産などで休職した歯科衛生士は、ブランクがあっても転職しやすいという点はわかっていただけたかと思いますが、もうひとつ気になるのは、復職後に育児と両立できるかどうかですよね。この点についてもご安心ください。多くの歯科医院は、育児中の歯科衛生士が働きやすいように、柔軟な勤務体系を用意してくれています。午前中だけであったり、週の休みが3日であったりと、育児と両立できる体制を整えてくれています。もちろん、細かい内容については、求職情報を参照する必要があります。

まとめ

このように、ブランクのある歯科衛生士が復職するとなると、いろいろな不安がつきまといますが、いずれも悩む必要のないものばかりです。むしろ、ブランクがあってもぜひ来てほしいという歯科医院の方が目立っているのが現状です。ブランクありの歯科衛生士は、転職しやすい状況にありますので、ブランクがあっても不安に思わず、積極的に就職活動を進めていきましょう。育児との両立も含めて、歯科医院側の方がいろいろ配慮してくれています。