歯科コラム

歯科衛生士と育児を両立したい!職場選びのポイントは?

歯科衛生士と育児を両立したい!職場選びのポイントは?

歯科衛生士という職業は、その他の職種と比較して、圧倒的に女性が多いです。それだけに、妊娠や出産、子育てという女性ならではのライフイベントと仕事の両立に悩まされている方も数多くいらっしゃることでしょう。とくに育児との両立は、多くの歯科衛生士の方が苦労されている点ではないでしょうか。ここではそんな歯科衛生士と育児を両立したいと考えている方に、職場選びのポイントをご紹介します。

子どもを保育園に預けて働く

歯科衛生士が育児と仕事を両立させる最も一般的な方法は、子どもを保育園に預けて働くことです。歯科医院での診療中に、子どもを預けておける保育園が確保できるのであれば、何ら問題なく仕事と育児の両立が可能となります。ただ、その際は歯科医院側の理解も必要になってきます。子どもを保育園に預けているという時点で、勤務時間等が制限されることは間違いありませんので、柔軟に対応してくれる歯科でなければ育児との両立は難しいです。

また、昨今話題となっている待機児童問題についても、要注意といえます。希望の保育園が見つかったとしても人気が高い場合は抽選となり、場合によっては入園できないかもしれないからです。そういったケースでは、認可保育園のみを選択肢に入れるのではなく、無認可保育園も視野に入れながら保育園を探す必要が出てきます。

託児所が併設されている歯科医院で働く

最近では、託児所を併設した歯科医院が少しずつ増えてきました。待機児童問題などを考慮して、歯科医院側が積極的に問題解決に取り組んでいる例といえます。こういった歯科医院は、全国的に決して多いわけではありませんが、育児と仕事を両立したいと願っている歯科衛生士を全力で支援してくれることは間違いありません。ですから、面接の際も小さな子どもがいることがマイナスになることもまずありません。

ちなみに、託児所が併設されている歯科というのは、小さな歯医者より比較的大きな病院などに多い傾向あります。病院には、女性の歯科衛生士だけでなく、女性医師や女性看護師なども勤めていますので、託児所の需要も非常に高くなっているのです。また、育児中であっても優秀な人材を積極的に採用していきたいという病院側の意向も反映されているのでしょう。

育児との両立を望む歯科衛生士の求人について

育児との両立を望む歯科衛生士の求人について
妊娠、出産後に改めて歯科医院で働きたいと考えている歯科衛生士は非常に多いです。けれども今現在、子育て中というのは採用する側からすると、決してプラスの材料になることはまずありません。なぜなら、育児中ということは、勤務時間は限定されますし、子どもに何かあった時などは、突発的な休暇が必要となることも珍しくないからです。そういった点を踏まえると、育児と歯科衛生士の仕事を両立させるという前提のもと、歯科医院の求職活動を行うと、求人そのものが限られてくることも十分あり得ます。

というのも、求人情報に記載されている条件の中で、勤務時間や勤務形態などを満たせないことも多々あるからです。けれども、中には育児中の歯科衛生士を歓迎してくれる歯科医院もあります。多くの場合はシフト制だったりしますが、キャリアや実力があって、歯科医院に貢献してくれる人材であれば、育児中でも積極的に支援するという歯医者も存在しているからです。逆に、育児との両立を奨励していない歯科医院はあまり選ばない方が賢明といえます。

ママさん歯科衛生士の職場選びのポイント

育児中のママさん歯科衛生士は、一般的な歯科衛生士よりも様々な制約がかかっています。それだけに、就職活動にもある種のハンデがついていると考えた方が良いでしょう。実際、子育て中ではない歯科衛生士よりも長い時間働けなかったり、いろいろな面で職場に負担をかけたりする可能性が高いため、その点を改めて理解した上で適切な職場を選ぶことが大切です。

職場選びのポイントとなるのは、やはり歯科医院側の受け入れ態勢が整っているかどうかです。求人の段階で、復帰を考えている歯科衛生士を歓迎する条件が提示されていれば、面接を受けてみても良いかもしれません。その際は、こちら側の主張ばかりせず、歯科医院側の希望や条件にしっかりと耳を傾ける必要があります。育児中だからといって、自ら条件を狭めてしまうようなことがあると、せっかく相手方に受け入れ態勢が整っていたとしても、採用されないこともあります。

まとめ

このように、歯科衛生士が妊娠、出産後に仕事復帰する際、育児中であることは大きなマイナス要素となることは間違いありません。けれども、慎重に職場を選べば、歯科衛生士の仕事と育児の両立を奨励している歯科も必ず見つかるはずです。もちろん、保育園や託児所を活用する選択肢も踏まえて、最も働きやすい環境を選ぶことが大切です。そのためには、沢山の求人情報を集めるだけでなく、採用先の歯科医院に可能な限り負担がかからないような妥協策も事前に考えておきましょう。