歯科コラム

歯科衛生士に定年は?60歳以上でも働ける?

歯科衛生士に定年は?60歳以上でも働ける?

歯科衛生士の方で、近いうちに60歳になられたり、定年に近い年齢に達したりする人は、歯科における定年の有無については詳しく知りたいですよね。また、若い歯科衛生士の方もこの先、歯科において定年があるのかどうかは、事前に知っておくべき重要な情報といえます。実際、歯科衛生士には定年はあるのでしょうか。また、60歳以上でも働くことができるのかは押さえておきたいポイントです。ここでは、そんな歯科衛生士の定年について解説します。

そもそも定年ってなに?

定年というのは、60歳などある一定の年齢を超えると、退職しなければならない決まりのようなものです。けれども、すべての職種において定年を設定しなければならないというわけではなく、それは歯科衛生士も例外ではありません。ですから、歯科衛生士に定年があるかどうかを問われたら、「それはそれぞれの歯科医院の方針による」というほかありません。

歯科衛生士の定年を設けている歯科は少なくない

実際のところ、大きな病院や一般的な歯科医院で、歯科衛生士の定年を設けているところは少なくありません。その多くは60歳に定年を設定していることが多い傾向です。しかし、現実的には60歳以上の歯科衛生士はたくさん存在しています。ただ、60歳以上の歯科衛生士がたくさんいることには、いくつかの理由があるのです。

定年には再雇用の制度がある

定年には再雇用の制度がある
日本の法律には、定年に関して大まかな決まりが定められています。例えば、60歳に定年を設定した場合、65歳までは希望する従業員を再雇用しなければならないというルールが明記されています。そのため、60歳以上の歯科衛生士が歯科医で働いていても何ら不思議なことではないのです。ちなみに、再雇用する場合は、現役時代とまったく同じ給与を支払わなければならないという決まりはありません。そのため、現役時代よりは給与が少し下がるものと考えておきましょう。しかし、「著しく下げてはいけない」という文章が盛り込まれていますので、極端に給与が下がるということもありません。

定年を設定していない歯科医院も珍しくない

歯科医院の中には、歯科衛生士の定年を設定していないところも数多くあります。この場合、歯科衛生士が望めば60歳や65歳を超えても現役として働くことが可能です。また、そのほかの職種と比較して、歯科衛生士というのは高齢になって働いている割合が多くなっています。そのため、それほど60歳などの定年を意識する必要もないと考えることもできるでしょう。

50歳以上で働いている歯科衛生士の数

厚生労働省が発表した2016年のデータによると、50歳以上で働いている歯科衛生士の数は、2万人以上にも及びます。歯科衛生士全体の数が12万人程度となっていますので、6人に1人は50歳以上であることを意味しているのです。これはかなりの数といえるでしょう。ちなみに、60~64歳で働いている歯科衛生士の数が約3,000人、65歳以上が約1,500人となっていますので、60歳以上というくくりでみても、かなりの数といえます。

60歳以上で働きやすい歯科医院とは

60歳以上で働きやすい歯科医院とは
上述したように、50歳や60歳を超えても、現場で働いている歯科衛生士の数は非常に多くなっています。しかし、高齢になるとSRPなどの長時間にわたる処置は体力的にきつくなってくるのも現実です。そこで、おすすめなのが高齢の歯科衛生士でも働きやすい歯科医院になります。

例えば、院長もすでに高齢で、それほど多くの患者が来院してこない歯科医院であれば、体力的には楽といえます。あるいは、これまで数年から数十年勤めあげてきた歯科医院であれば、さまざまな点に配慮してもらえると思いますので、直接相談してみるのも良いでしょう。そのほか、訪問診療に力を入れている歯科医院もおすすめといえます。訪問診療であれば、助手やドライバーなども同行することが多く、重たい荷物を持つ機会も少ないです。また、訪問先で行える診療というのは限られてきますので、歯科医院でフルに働く場合を考えると、体力的には楽になることが多い傾向です。

歯科衛生士は定年を気にする必要はない?

2018年現在、日本では歯科衛生士が不足している状態です。そのため、多くの歯科医院で歯科衛生士の求人を出しており、雇用条件もかなり良くなってきています。それだけに、60歳を超えているからといって、雇用条件が悪くなることもほとんどありません。むしろ、60歳を超えても現役として働いてもらいたいと考えている歯医者が大半を占めていることでしょう。そういった意味から、歯科衛生士は定年を気にする必要はないといえます。むしろ、自分の体力との兼ね合いをみながら、どういった職場が自分にとって最良なのかを考えた方が良いといえるでしょう。

まとめ

このように、歯科衛生士には定年が存在し、60歳で退職される方も珍しくありません。同時に、定年を設定していない歯科医院も多く、60歳や65歳を超えても現役として働いているケースがありますので、一概に語ることはできません。そのため、定年の有無や高齢になった際の働き方については、個々の歯科クリニックと相談して、自分らしい働き方を模索することをおすすめします。ただ、ひとついえるのは、歯科衛生士は今の日本でとても必要とされている存在であるということです。転職の際は、自分の年齢が対象なのか気になってしまいがちですが、歯科衛生士は需要が高い傾向といえます。定年や60歳前後の人でも歯科衛生士であれば自信をもって転職活動に臨みましょう。