歯科コラム

歯科衛生士として働きたい歯科医を見学する場合のチェックポイント

歯科衛生士として働きたい歯科医を見学する場合のチェックポイント

歯科衛生士として働く歯科医院を探す場合、事前に職場を見学することは必須といえます。なぜなら、求人などの文字情報だけでは、その歯科医院の様子や働いている歯科医や歯科衛生士などを知ることができないからです。しかし、事前に職場を見学する際にどんなところをチェックすれば良いかわからないという人もいるかもしれません。ここでは、そんな歯科医の見学の際に、チェックすべきポイントについて詳しく解説します。

見学することで初めてわかることとは?

歯科衛生士が職場を探す際に、事前見学をする理由はいくつか存在しますが、何よりまず見学して初めてわかることがあるからです。そこで働いている歯科衛生士や歯科医師の人間性や患者に対する接し方、歯科医院内の雰囲気などは見学して初めてわかることです。そのため、就職を検討している歯医者の事前見学は、非常に有益であるといえるでしょう。

同僚となるスタッフをチェックする

歯科衛生士の方が転職を考える際、やはり最も重要といえるのは、転職先の歯科医で働いている歯科衛生士でしょう。同僚ともなり得る存在ですので、「気軽にコミュニケーションがとれそうな人がいるか」「溶け込みやすい雰囲気を醸し出しているか」などもチェックすることが大切です。逆にいえば、院長をはじめとした歯科医や受付などのスタッフがどんなに接しやすくても、同僚となる歯科衛生士に問題があったら、少し考え直す必要が出てきます。これは、見学する際に重視すべきチェックポイントといえます。

院長やその他の歯科医師の関係性

院長やその他の歯科医師の関係性
歯科医院は、院長をはじめとした歯科医師によって主に診療が回っています。それだけに、歯科医師同士がどのような関係にあるのかは、事前にチェックしておきたいポイントといえるでしょう。勤務している歯科医師同士にいざこざがあったり、夫婦で歯科医院を経営しているケースでは、夫婦間の仲が悪いなどの問題があったりするケースも珍しくありません。そのため、歯科医院全体の人間関係は事前にチェックしておいたほうが賢明でしょう。

歯科医院内の衛生面をチェックする

歯科医院における衛生面というのは、クリニックによって大きく異なります。器具の滅菌や消毒を徹底していない歯科医院があったり、診療の際に手袋をせず素手で患者さんに触る歯科医もいたりするため、衛生面の基準は千差万別といえるでしょう。そこで、もし歯科医衛生士としての許容範囲を超えた不衛生な環境であると、長く働き続けることが難しくなるため、見学の際には細かい部分までチェックしておく必要があります。また、衛生面への配慮が希薄の歯科医院の場合は、歯科医衛生士として働いている際に、感染などのリスクも高まるため注意が必要です。

どんな患者さんが来院しているかをチェックする

歯科医を見学する際には、どうしてもそこで働いている歯科医や歯科衛生士などのスタッフに意識がいきがちですが、患者さんにも目を向けるように努力しましょう。1日の診療の中で、「どのような年齢層の患者さんがどのような治療を受けているのか」をチェックしておくことは大切です。なぜなら、その歯科医に就職が決まり、歯科衛生士として働くことになったら実際自分が治療を施す対象になるからです。そこで、見学する段階で、自分が勤務しているシーンをイメージしておくことが大切になります。あとでギャップなどを感じないためのコツといえるでしょう。

複数の歯科医を見学するのがおすすめ

複数の歯科医を見学するのがおすすめ
はじめに見学した歯科医がとても素晴らしい場所であっても、やはり複数の歯科医院を見学して比較検討したほうが良いといえます。これから何年間も歯科衛生士として働く場所となるため、後悔の少ない就職をすることが大切だからです。とはいえ、10院も20院も歯科医を見学する必要はありません。それだけ多くの歯科医を見学するとなると、時間とお金がかかりますし、比較対象が多すぎると決断しにくくなるからです。また、見学を受け入れる歯医者としても、それだけ多くの歯科医院を見て回っていることを知ると、自分のところへ来る可能性も低いのではという印象を与えてしまいかねません。そのため、歯科の適切な見学数というのは、2、3院といった感じではないでしょうか。

まとめ

このように、歯科衛生士が就職する歯科医を探すうえでは、実際に見学することほど有益なことはありません。また、その際は上述したようなポイントに注目して、できるだけ多くの情報を得るようにしましょう。そのうえで、自分が歯科衛生士として働く最良の職場を比較検討することをおすすめします。歯科医を事前に見学するためのチェックポイントをしっかり押さえて、安心して転職できるよう対策をしておきましょう。