歯科コラム

歯科衛生士として復帰!復帰先の歯科を選ぶ際に気を付けるポイント

歯科衛生士として復帰!復帰先の歯科を選ぶ際に気を付けるポイント

一度は離れた職場だけれど、やっぱりもう一度歯科衛生士として働きたい!子育てが落ち着いてきたからそろそろ復帰しようかな、と考えている方など、歯科衛生士として改めて活躍したいと思っている方は多いと思います。復帰を目指すにあたって、どの歯科医院で働くか、仕事と生活をどうやって両立させるかなど悩みはつきものですよね。せっかく復職をするなら、自分に合った場所を見つけたいもの。復帰先の歯医者を選ぶには、どのようなところに気を付けるべきなのか、選び方のポイントをまとめました。

復帰を考えるときに気になること

そろそろ働きだそう!と、歯科衛生士としての復帰を考えるとき、いろいろなことが気になりますよね。そもそも雇ってくれるところはあるのだろうか、どのくらいのブランクなら復職しやすいのだろうか、復職してからしっかりと働けるのだろうか…。一度仕事を離れると、社会の流れや働くことに関する情報が得にくくなるものです。実際、多くの方が同じような悩みや気になることを抱えています。

■家庭のことと両立できるのか不安

結婚や子育て、介護といった家庭での役割と仕事を両立できるのかどうか、不安に思っている方は多くいらっしゃいます。子供が学校に通いはじめたり、要介護の家族が施設へ入ったりして余裕がでてきたのはありがたいことですが、それでも仕事をはじめるとなるといろいろな制約がでてきます。看護や介護で急に仕事を休まないといけなくなったら、帰りが遅くなってしまったらなど、家のことを考えながら仕事をするというのは想像以上に負担に感じるものですよね。

■ブランクがあるので、きちんと仕事ができるのか不安

仕事を離れていると、技術や知識が衰えてしまっているのではないかと不安になりますよね。歯科技術も日々進歩していますから、以前の技術や知識では対応できないかも…と心配になってしまいます。1年ほどのブランクならまだしも、数年離れていたとなると、自分自身の腕がどこまで通用するのかは気になるところです。また、ブランクがあっても受け入れてくれる歯医者があるのかどうかも心配になります。働きたい!という気持ちはあれど、それが受け入れられるのかが問題となってきます。

今どきの歯医者事情-歯科衛生士の需要は?-

今どきの歯医者事情-歯科衛生士の需要は?-
実際のところ、現在歯科衛生士の需要はどのくらいあるのでしょうか。ブランクがあっても、家庭があっても働いてほしい!という歯医者がそんなにあるものなのか、気になるところですよね。最近の歯医者、歯科衛生士事情は、嬉しいことに復帰を希望されている方にとってとてもウェルカムな状況にあります。よく、「高齢化社会」という言葉を見聞きするようになりましたが、歯医者もこれに漏れず、増え続ける高齢者の患者さんに対応しなければと様々に変化をしています。例えば、近年は歯医者でも訪問医療のニーズが高まってきています。なかなか病院まで通うのが難しい高齢者や要介護者向けに、訪問歯科を行う動きが強まってきているのです。しかし、実際に訪問歯科を実現している歯医者はごく僅かです。訪問歯科を行うにあたっては、通常の院内診療ももちろんしていますから、これまでの歯科医師や歯科衛生士の数だけでは回すことができないという問題があります。ニーズが高まり、歯医者としては積極的に取り組みたい部分ではあるのですが、従事者の数が足りないばかりに実現できないという課題をなかなか解決できないでいます。他にも、働き方の多様化やインターネットなどの口コミなどで患者さんがより自由に歯医者を選択することが可能になったことで、歯医者の営業戦略やサービス充実が進んでいます。これまでは平日の朝~夕方まで診察というところが多かったのですが、患者さんの希望が多い土曜日曜診療や夜間診療を行う歯医者が増えてきました。診療日数や時間を増やすとなると、それだけ働いてくれる人も必要になります。歯科衛生士の需要は、サービスを充実させたい歯医者が増えるに比例してとても高まっているのです。

ここがポイント!復帰先の歯医者の選び方

歯科衛生士需要が高まっていることはお分かりいただけたかと思います。では、実際に復帰先を選ぶにあたって、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。家庭や自身のスキルアップなど、注目すべきところはいろいろとあります。

■技術支援やスキルアップ制度があるか

ブランクがあっても、病院の制度として勉強会や講習会に参加できるような技術支援、スキルアップ制度があれば安心ですよね。ただ働くだけではなく、技術やスキルの向上を積極的に行っている歯医者は復帰もしやすいです。また、最新技術を導入しているなど医療技術の進歩をしっかりと見据えているところは、今後のキャリアにとってもプラスになります。

■ワークライフバランスに理解があるか

復帰してから家庭のことが全くできないという事態は避けたいもの。働きだしたらそうも言っていられない?と思われるかもしれませんが、歯科衛生士は女性の割合がとても多いので、対策をしている歯医者も数多くあります。フルタイムでなくても、週5日でなくても就業可能なところはたくさん見つかります。家庭に合わせて無理なく働ける場所を見つけましょう。