歯科コラム

歯科衛生士として介護現場でできる働き方

歯科衛生士として介護現場でできる働き方

歯科衛生士は総合病院の歯科や歯医者で働くもの-というのが一般的なイメージですよね。しかし現代社会においては、歯科衛生士の活躍の場が広まってきているのです。歯の治療や口腔ケアのために歯医者を訪れる方は老若男女問わず、あらゆる性別・年代の方々ですが、今は高齢化社会が進んでおり、患者さんが高齢者である比率も高まってきています。そこで注目されるのが介護現場です。内科や外科といった医療現場と同じく、歯科においても介護の観点からの需要が高まっています。

高齢者の医療事情と医療従事者の需要

高齢化社会が進み、超高齢化社会への心配がされる中で、現在の高齢者の医療事情はどうなっているのでしょうか。足腰が丈夫で自ら医療機関へ受診に来られる方であれば問題ありませんが、来院がなかなか難しく家族の手助けが必要であったり、要介護として施設に通っている方であったり、寝たきりで外に出ること自体が難しいという高齢者は多くいらっしゃいます。そこで必要とされているのが、介護老人保健施設や介護老人福祉施設といった介護施設に併設された医療施設や訪問介護といった制度です。施設内やその近辺で治療やケアが受けられること、自宅にいながらもサービスが受けられることが大変必要となってきています。今後高齢者がどんどんと増えていくにあたって、このような介護の領域で活躍する人材の需要が高まりますし、今既に多くの介護施設や介護の現場で医療関係者を求めています。もちろん、医師や看護師だけではなく歯科医師や歯科衛生士も同じで、歯科治療や口腔ケアに携わる人材の需要は大きくなってきています。

介護現場での歯科衛生士の役割とは

介護現場での歯科衛生士の役割とは
高齢者社会にともなって、介護現場での医療のニーズが大変大きくなってきていることがわかりました。では、介護の現場における歯科衛生士の働きとはどのようなものがあるのでしょうか。

■対象者への口腔状態の確認

自身ではなかなか口腔ケアが難しい、定期的に歯科診療を受けることが難しいという介護施設利用者や高齢者のために、口腔状態の確認を行います。ご存知の通り、口腔状態は歯や口内だけではなく身体の健康状態にも影響してしまいます。定期的な状態確認によってトラブルの早期発見や早期治療を促すことで口腔状態を健康に保ち、高齢者の病気などのトラブルを未然に防ぐ役割を担います。

■介護職員への口腔ケア指導

介護施設利用者一人ひとりの口腔ケアを歯科衛生士だけで行うことは難しいため、日々のケアを行っている介護職員に対してケア用品の選定方法やブラッシングといった毎日の口腔ケアの仕方を指導します。定期的に実際のケアの様子を確認し、適宜改善指導をしていくことも求められます。介護職員とともに利用者の口腔ケアを行い、全体的なケアの質の向上を目指します。

■介護施設、訪問介護における口腔ケア

施設に併設されている診療所や高齢者の自宅へ訪問する訪問介護の場面で専門的なケアを行います。専門器具を用いた歯のクリーニングはもちろん、歯磨き指導を行ったり、患者さんによっては咀嚼指導を行うこともあります。歯科衛生士として、口腔ケアから患者さんの健康を守り、自立した生活を支援する大変重要な役割です。

歯科衛生士として、介護業界でキャリアアップを図るのもアリ

歯科衛生士として働いていくにあたって、どのようなキャリアプランを考えていますか?歯科の医療現場で経験を積んでいくことがメジャーではありますが、介護業界にチャレンジするというのも一つの手です。介護の現場では、医療に関する人が強く求められています。働き方も様々あり、正社員でなくともパートや派遣といった様々な雇用形態で働くことができますし、お子さんがいらっしゃる方や家族サービスを大切にしたい方、ワークライフバランスを重視している方にとっては働き方の選択肢が広がります。いきなり介護の現場に行っても対応できるかどうか…と不安に思われるかもしれませんが、現場には介護のスペシャリストがたくさんいらっしゃいますし、高齢者が多い現場なので医療に関する関心も高いです。キャリアで言えば、介護の現場で歯科衛生士として活躍した後介護への興味が高まれば、介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得し介護領域での専門的な働き方をすることも可能です。ずっと歯科衛生士を続けるのかどうかわからないという方は、これからのキャリアにおいて選択の幅を広げることにつながります。実際に、歯科医療の現場から介護の現場へと働く場所を変える歯科衛生士の方もいらっしゃり、今後このような流れは珍しくなくなっていくでしょう。歯科衛生士の働く場所がどんどんと拡大されていくというのは、大変希望のあることですよね。高齢者の人口が増えてさらに介護施設等が増えていけば、そこに従事する人のニーズも高まってきます。もし、現在の働き方を改めて検討しようとされているのであれば、介護の現場という選択肢もぜひ考えてみてください。