歯科コラム

歯科衛生士の平均給与額と昇給のコツ

歯科衛生士の平均給与額と昇給のコツ

歯科衛生士さんの仕事というと、歯科医院で歯科医師の治療の補助を行うのがメインの仕事と思われがちですが、歯科衛生士さんの仕事は単なる歯科医師の補助だけにとどまりません。そこで今回は、歯科医院で働く歯科衛生士の平均給与額を基準に、昇給のコツについて紹介します。昇給の方法は決して簡単な方法ばかりではありませんが、様々な方法があることを紹介したいと思います。昇給のためにはどのような方法があるのか、また自分にはどの方法が合っているのかを少しでも知ってみませんか?

歯科衛生士の平均給与額

平成27年度の歯科医院で働く歯科衛生士の平均月収は26万円でした。そこから推定される平均年収352万円で、過去の年収推移を見ても、300万円台前半から300万円台半ばあたりを安定的に推移しています。また歯科衛生士は、歯科医院だけが活躍の場ではありませんから、歯科衛生士の資格取得後の就職率は高いです。

資格の取得

最近では、虫歯や歯周病などの一般的な歯科治療を行うだけではなく、インプラントや審美歯科、矯正歯科などお口の見た目と健康を保つ分野を専門とした歯科医院も多くなってきました。そこで、インプラントや審美歯科、矯正歯科などに特化した歯科医院に、就職・転職した場合でもスムーズに働けるように、歯科衛生士の資格にプラスして「認定歯科衛生士」という、歯科医師でいう「認定医」のような資格を取るキャリアアップの方法があります。たとえば、日本歯科審美学会が認定している「ホワイトニングコーディネーター」、日本口腔インプラント学会が認定している「インプラント専門歯科衛生士」などの資格を取得しておくと、昇給や転職時において有利に働くことがあります。就職した後に資格取得の費用やスキルアップを援助してくれる歯科医院もありますから、インターネットなどでチェックしてみるのもよいでしょう。

歯医者さんで働くだけでない!歯科衛生士を活かした職場

歯科衛生士さんの職場は歯科医院だけではありません。介護施設や保健センター、歯科衛生士学校の講師・教員などで働く歯科衛生士さんも多くいらっしゃいます。介護施設では、介護を必要とする方の口腔ケアや摂食嚥下の訓練、口腔清掃の指導などをメインに行います。特に現代の日本では高齢化が進んでいますから、介護施設での歯科衛生士の活躍はますます必要とされます。また保健所・口腔保健支援センターでは、その地域に住む方への歯科検診や歯磨き指導、歯に関する相談などを行っています。

海外留学

海外留学
外国で就職するためには、ほとんどの場合、海外留学が必要になります。アメリカの歯科衛生士を例に挙げます。日本の歯科衛生士は「歯科医師のアシスタント」というイメージが世間では強いですが、アメリカの歯科衛生士は「予防歯科のプロフェッショナル」という立場に置かれています。州によって異なりますが、多くの場合、歯科衛生士は虫歯の治療やレントゲン撮影、治療の一連の流れを歯科衛生士一人で行うことができます。日本では歯科衛生士が行うことを禁止されている治療の一連の流れを行えるなんてかっこよくて憧れませんか?アメリカの歯科衛生士は、日本と比べて社会的地位が非常に高く、皆の憧れの職業なのです。

海外留学のメリット

アメリカで働くことが目的でなくても、歯科衛生士としてキャリアアップするために留学するということも一つの選択肢です。日本の歯科衛生士の多くが働いている場所が、開業医の専属スタッフです。個人で経営されている歯科医院では昇給もある程度までしかいきません。90%の歯科医院が昇給は年に1回のみで、昇給額も1回2000~10000円くらいです。高額の給与を得るためには、日本でとどまっていては少し厳しいでしょう。しかし留学をした歯科衛生士では異なります。アメリカの歯科衛生士の勉強は、治療の一連の流れを行えるようにするためハイレベルです。アメリカの歯科助手は日本の歯科衛生士レベルの知識があるようです。アメリカで留学することで、日本でのセミナー講師の依頼を受けたり、複数の歯科医院と契約してフリーランスの歯科衛生士となることも可能ですし、高額の給与を得ることも可能でしょう。キャリアアップのためにはアメリカへ留学することは非常に有効な方法です。もちろんアメリカで歯科衛生士を行っていきたいという方は留学が必要不可欠です。

様々なことに挑戦して自分のレベルをあげることが重要

歯科衛生士の国家試験で勉強をストップしてしまっては、自分のスキルアップにつながりません。歯科医療の進歩によって様々な治療法などが発見・開発されてきました。歯科医師だけが新たな知識を持っていたとしても、歯科衛生士も同じように知識がなければ歯医者さんへせっかく来てくださった患者さんへ貢献することができません。小さなことや、取り組みやすいことからスタートするのでも結構です。その小さな積み重ねが昇給へとつながるのでしょう。