歯科コラム

意外と自由な歯科医院が多い?歯科衛生士の髪色と身だしなみ

意外と自由な歯科医院が多い?歯科衛生士の髪色と身だしなみ

社会人とはいえ、プライベートもありますしオシャレはしたいものですね。ただ、歯科衛生士という職業柄、身だしなみに気を使わなければいけないことも事実です。どの程度のオシャレなら許されるのか、規則がある歯医者さんもあれば、あまり決まっていない歯医者さんもあるようです。老若男女、様々な層の患者さんが来院する歯医者さんだからこそ、髪色や身だしなみについては難しい部分があるのではないでしょうか。

意外と自由?自由の限度は?

歯科衛生士の身だしなみについて、細かく規定を定めている歯科医院もありますが、「自由」としているところも意外と多いようです。規定がある医院については、カラーリングは髪色チャートの何番までというように明るさを定めているところもあり、この際はしっかりと規定の許す範囲内でオシャレを楽しむことが大切ですね。「もう少し明るい髪色が好みなのに…」と規定外の髪色にすると、後々医院内のトラブルに発展する場合も考えられますし、他の歯科衛生士さんやスタッフの方も良い気持ちではないでしょう。医院で上手に仕事をしていくには、規定を守ったオシャレにとどまることが健全です。
規定がない、あるいは自由となっている場合は、基本的に個人の自由にオシャレをしても構わないのですが、「常識の範囲内で」という部分は気を付ける必要があります。あまりにも奇抜な髪色にしたり、アクセサリーをたくさん身に着けていると、患者さんから見たときにあまり気持ちの良いものではありません。

理想的な身だしなみとは

一般的な認識として、歯科衛生士の理想的で好まれる身だしなみとはどのようなものなのでしょうか。歯科衛生士だからこそ気を付けなければならないところもありますから、自分の普段の身だしなみを改めて確認してみると良いでしょう。

■髪型
ショートヘアでなければならない、パーマをかけてはならないというようなことはほとんどないでしょうが、肩にかかる長さの髪はまとめるなどの配慮は必要です。いくらツヤのあるきれいな髪であっても、患者さんに近距離で接する歯科衛生士は、患者さんに自分の髪が触れないよう気を付ける必要があります。処置をしている際に、他人の髪が顔に触れたり、視界を遮ったりするととても不快です。髪の状態うんぬんに関わらず、肩にかかる長さの髪は、患者さんに触れないようにしっかりとまとめましょう。

■髪色
地毛でないといけないということありませんが、金髪や赤といったようにあまりにも奇抜な色は避けたいところですし、明るすぎる色も考えものです。歯医者さんには、小さな子供からお年寄りまで、様々な年齢層の方がいらっしゃいます。コミュニケーションや処置がしっかりと行えていればよいというものではなく、見た目の印象はとても大切です。自分ではそんなに派手ではないと思っていても、患者さんによっては派手な見た目だと「大丈夫かしら」と不信感を抱いてしまうこともあります。自分の基準ではなく、幅広い層の患者さんにとっての基準で考えてみましょう。

■アクセサリー
小ぶりのピアスやネックレスであれば、さほど気にはなりませんが、大きな装飾品のついたものや指輪などは気を付ける必要があります。歯科衛生士が勤務する歯医者さんというところは、患者さんの口内を診察したり治療する場です。もちろん、衛生面には十分に注意する必要があります。万が一装飾品が欠けてしまったり、落ちてしまっては大変です。患者さんに触れることもある仕事ですから、欠けたり落ちてしまった装飾品が患者さんのケガにつながるかもしれませんし、細菌が口内に入る原因になるかもしれません。また、貴金属の場合は、患者さんが金属アレルギーであることもあるので、十分な配慮が必要です。お気に入りのアクセサリーで気分を高めて意欲的に仕事にあたるのは良いことではありますが、事故やケガの危険があることも理解しましょう。

周りとの調和も大切に

周りとの調和も大切に
身だしなみを整えることはとても印象が良いものですし、きちんと整えた髪や服装は患者さんにとっても安心感があります。その中で、自分なりのオシャレを楽しむことは問題ないでしょう。大切なことは、自分よがりにならず、周囲の印象や気持ちを考えることです。
一度、一緒に働くスタッフの身だしなみを見てみましょう。どのくらいの髪色なのか、服装はどうか、アクセサリーはしているかなどよく見てみると、自分が常識の範囲内であるのかどうかわかってきます。周りを見ていないと、「その髪色はちょっと…」とある日指摘されてしまうかもしれません。他のスタッフから、そして患者さんから見たときに「浮いていないか、目立ちすぎていないか」という一つの指標は持っておきましょう。

歯科衛生士としての身だしなみ

歯医者さんで歯科衛生士として勤務する以上、どうしても自由にオシャレができないということはあります。人に触れ、治療をする場である以上、衛生面が最も優先されるのは当然のことです。患者さんが気持ちよく、そして自分自身も気持ちよく働くために、配慮をもって身だしなみを整えることはとても大切です。見た目の印象は、仕事ぶりに大きく影響します。安心感のある、頼りになる歯科衛生士として、日々身だしなみを整えることはきちんと心がけたいですね。