歯科コラム

患者さん第一!スムーズなスケーリング(歯石除去)をするコツ

患者さん第一!スムーズなスケーリング(歯石除去)をするコツ

歯科衛生士さんの代表的な仕事には「スケーリング」と言って、患者さんの歯石を除去する作業があります。しかし、痛みをともなう場合もあることから歯石除去を苦手だと感じる患者さんは多く見られます。特に、歯周病のある患者さんであれば、痛みや出血をともなうために、歯科衛生士さんに対して不信感を抱いてしまうことがあるようです。では、どうすれば、スケーリングをスムーズに行えるのでしょうか。

患者さんを第一に考える

口腔内が狭い、開口量が少ないなど、患者さんによって様々な状況が考えられますが、乱暴に扱われたと感じれば、歯科衛生士さんへの信頼は失われて、ますますスケーリングに対する苦手意識を持ってしまうことになるでしょう。そうなれば、通常よりも痛みを感じやすくなり、出血をした際などにも「あの衛生士さんが、下手だったから…」というような誤解を招いてしまうことに繋がってしまいます。第一に考えることは、患者さんに対する気遣いですが、その他にもスケーリングをスムーズに行っていく「コツ」があります。では、その「コツ」とは、どのようなものなのでしょうか。

スケーリングをスムーズに行うコツ

■自分のポジションを見直す
エアスケーラーや、超音波スケーラーを持つ自分の手が窮屈そうに曲がっていると感じたら、まず、自分のポジションを見直してみましょう。理想は、施術部位が見えるところに座る、施術部位に超音波スケーラーなどを当てたときに手首が曲がっていない、腰をひねっていないという場所です。自分が窮屈だと感じるポジションではどうしても無理が生じて、患者さんに対しても負担を掛けてしまうことになります。

■患者さんとの距離
口腔内を良く見ようとするあまり、患者さんにへばりつくようにしてスケーリングをしていませんか? 近づきすぎると、肩が上がってしまい逆に視野が狭くなってしまいます。握りこぶし一つ分後ろに下がることを心掛ければ、手と肩の力が抜けて超音波スケーラーなどの操作がしやすくなってくるでしょう。患者さんに近づき過ぎたり、必要以上に体に力が入ってしまうと鼻息も荒くなり、患者さんにとってはリラックスのできない状況となってしまいます。

■チェアーの高さ
自分のチェアーの高さを少し変えてみましょう。排唾感が使えて鏡視ができる方は自分のおへそのあたりに患者さんの頭を置きますが、覗き込む癖のある方や、直視となる場合は、胃の辺りに患者さんの頭が来るように、少しチェアーを上げてみることでやりやすくなるのではないでしょうか。

■レストの位置
自分のポジションやチェアーの高さを整えたら、次はレストの位置です。患者さんの歯列の状況、象牙の傾斜、開口量によってレストの位置は変わってきますが、まずは、スケーラーを少し短めに持って、手を小さくまとめていきましょう。そして、上記でお伝えしたように、自分自身の体の向きや手首の当て方に、無理がないかというようなことを気にしながら行ってください。

■患者さんのポジションも見直してみる
それでも上手くいかない場合には、当たり前になっている患者さんのポジションも見直してみましょう。チェアーを起こし気味で施術をしていると、口腔内が見づらくなってしまうためどうしても覗き込むような形になって、肩や手首に力が入ってしまいます。そうなると、患者さんの口元が引っ張られたりして、苦痛をともなうことになってしまいます。大切なのは、顔面と床を平行にすることです。

サクションの使い方でやりやすさが決まる

サクションの使い方でやりやすさが決まる
大切なのはサクションの挿入方法です。まず、開口量は指2本分くらいが目安です。そして、正中から頬粘膜に向かってサクションを挿入していきましょう。そして、サクションチップが見えなくなるところまで挿入したら、ゆっくりとサクション全体を下に下げていきます。最後に、粘膜が見えるように広げていきます。粘膜を大きく広げることにより、超音波スケーラーを操作するスペースが生まれて、チップを動かしやすくすることが可能になります。しかし、サクションの使い方が雑だと、患者さんにとっては不快に感じられてしまうので、滑らかな動きを心掛けてください。

スムーズにスケーリングをするには

スムーズにスケーリングを行うには、やはり技術の向上がとても大切になってきます。患者さんがスケーリングを嫌う理由の一つとしては、痛みや出血の他に、歯科衛生士への不信感といったものも多く見られるでしょう。歯医者というのは、慣れていない方にはとても緊張する場所です。新人の歯科衛生士の緊張感が相手に伝わってしまうと、患者さんは、ますます不安になってしまうものでしょう。少しでも、患者さんの不安を和らげるためには、コミュニケーションをしっかりと取ることが大切です。そして、自分のやりやすいポジションを掴んでいくことで、患者さんへの負担も減らしていくことができるのではないでしょうか。