歯科コラム

どんな医師が理想?歯科医師として求められる適正やスキルは?

どんな医師が理想?歯科医師として求められる適正やスキルは?

世の中には「天職」というものがあります。その人にとってベストな職業選択であるということですが、では「歯科医師」が天職と言えるような人はどんな人なのでしょうか。そこで今回は、歯科医師として求められる適性やスキルについてお話します。

手先が器用であること

歯医者さんでは、患者さんの口の中を治療することがほとんどです。暗くて狭く、細かいところが見えにくい、そんな中で治療器具を振るうのですから当然ながら「手先が器用である」ということは必須のスキルであると言えるでしょう。
時に、患者さんの歯を削ったり歯茎を切開したりといった治療も必要になってきます。そんな時は0.1ミリ単位で作業をしなければなりません。失敗すれば、患者さんに無用な負担をかけてしまうことになります。細かな作業ができる、几帳面さも求められるということになります。
歯医者さんで行う治療の中には、歯科医師の腕が問われる難しい治療もあります。そういった治療の品質は知識や経験もそうですが、やはり細かな作業を正確にこなせる手先の器用さも必要になります。

勉強熱心であること

歯科医師は、さまざまな知識を常に吸収し続けなければなりません。最新の治療法や症例、提供できる治療の品質を高めるためには知識も必要になるのです。そうした知識を貪欲に、熱意を持って吸収できるような「勉強熱心さ」も歯科医師には求められるスキルとなります。
歯科医師は、必要な勉強と研修、資格を取得してあとは実践あるのみ、とはいきません。かつて勉強していた時代には開発されていない新たな治療技術や医薬品、貴重な症例などさまざまな技術や情報が生まれています。そういった情報は、歯科で働いているだけで身につくようなものではありません。きちんと勉強会に参加するなど積極的に知識を吸収しに行かなければならないのです。そうすることで今までは治療できなかった症状に対してアプローチを掛けられるようになったりするなど、患者さんのメリットになるような結果になります。

集中力があること

集中力があること
歯科医師としては手先の器用さだけでなく、「集中力」についても求められるでしょう。歯科医師の治療は非常にデリケートな世界です。1ミリ以下の世界で治療結果が大きく変わることもあるくらいなので、治療においては高い水準での集中力が必要とされるのです。
歯を削る時に、ちょっと削る位置を間違えたり深く削りすぎたりすれば、患者さんの健康を歯科医師が損なわせる結果になりかねません。そんなことにならないためには、器用な手先と、それを従前に発揮させる集中力を両立させる必要があるのです。
集中力を欠いて雑な治療をしてしまえば、患者さんの症状が悪化してしまう可能性があります。それは、歯科医師として絶対に避けなければならないことです。また、治療の中には時間のかかるものもありますので、集中力がすぐに途切れてしまわないことも必要になります。

相手の立場に立てるコミュニケーション能力

歯科医師は、患者さんに対して適切な治療を施すことが求められます。それを実現するために求められるのは「コミュニケーション能力」です。技術でも知識でもなく、患者さんとの上手なコミュニケーションこそが、適切な治療を実現する最大の武器となるのです。
歯科医師は、患者さんが自分の歯に対してどのような不快感を持っていて、それを治療するためにはどのような治療が適切であるのかを判断しなければなりません。この「患者さんの症状についての訴え」は、文字だけで表現しきれるものではありません。患者さんが本当はどういったように感じていて、何を改善しなければならないのかということを理解できなければ、適切だと思っていた治療でも患者さんの不快感を完全に払拭できない可能性があります。
患者さんの立場に立って考えて、患者さんが本当に求めている治療が何であるかを正確に知るためには、患者さんとのハイレベルなコミュニケーションが必要になります。また、丁寧なコミュニケーションによって患者さんの不安を取り除くことも、歯科医師として求められる適正となります。

開業医としては経営力も必要

もし、いつか自分の歯科医院を開業したいと考えているのであれば、「経営力」も問われることになります。勤務医とは異なり、歯科医師として必要な知識や技術だけでなく、歯科医院を切り盛りするための経営スキルが必要となります。
現在、歯科の数はコンビニよりも多いと言われています。これはどういうことかと言えば、歯医者間での競争が激化しているということになります。その中で生き残るためには、しっかりと自分の歯科医院をやりくりし、他院との差別化によって集客する事が必要になります。勤務医の時には無縁の世界だった経営が、開業医となれば100%自分の責任としてのしかかることになります。その重圧に敗けないように、開業に際しては経営の勉強をきちんとしておきましょう。