歯科コラム

歯科衛生士の働き方!ライフスタイルに合わせて働くには?

歯科衛生士の働き方!ライフスタイルに合わせて働くには?

人生には、さまざまな出来事が到来します。仕事に関してもそうですが、女性にとって何より大きなイベントといえば「結婚」そして「出産」ではないでしょうか。しかし、特に出産は仕事との両立が困難であるため、短くない時間を職場から離れることになるでしょう。ですが、働き方を考えれば出産を経験した女性歯科衛生士でも職場復帰することは夢ではありません。そこで、女性がライフスタイルに合わせて働く方法についてお話します。

出産によるブランクの重さ

出産は、女性にとって一大イベントの一つです。その際には、仕事をしていても必ずそこから離れる必要が出てきます。出産後も、子育てのためになかなか職場復帰できないということになるかもしれません。出産と育児のために職場を離れた女性の中には、気がつけば10年近く職場を離れていたなんてこともあります。
職場から離れた時間が長いほど問題になるのが「ブランク」です。出産や育児となれば、年単位で現場を離れなければならない可能性もあります。そうなると、仮に元の職場に戻れたとしても、失った数年分のキャリアをすぐに取り戻すことはできません。職場を離れる前と同じ感覚で仕事をすることは、どうしたってブランクが妨げとなってしまうでしょう。そのブランクのせいで復職へのふん切りもなかなかつかない、そうこうしているうちに時間だけが過ぎ去ってしまうでしょう。結果、何年も職場を離れたままになってしまい、復職に対する重い腰はさらに重苦しくなってしまいます。ベストな機会を逃してしまえば、あとは時間ばかりが経過して復職へのハードルを高くしてしまうのです。

求人は多い、働き方も選べる

しかしながら、「歯科衛生士」という職業においては、出産で現場を離れていた女性にとって有利な条件となる可能性があります。国家資格であり、多くの職場で必要とされている歯科衛生士は引く手あまたなのです。求人情報にも、歯科衛生士に対する求人が多数掲載されていることでしょう。
働き方についても、ある程度は自由に選べる可能性があります。例えば育児中のママさん歯科衛生士の場合、フルタイムでの勤務は難しいでしょう。その場合は、非常勤やパートといった形で職場復帰するという選択肢もあります。子供が成長して手がかからなくなったら、フルタイムで働くといった、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも歯科衛生士の魅力といえるかもしれません。
もともと歯科衛生士は「女性の仕事」とも言えます。全国に10万人以上いる歯科衛生士のうち、男性はなんと200人程度しかいないのです。つまり歯科衛生士10万人のほとんどが女性なのです。そのため出産育児で休職した人に対しても、柔軟に対応できるのでしょうか。

職場復帰を支援するセミナーを利用する

職場復帰を支援するセミナーを利用する
とは言え、長年現場を離れていたというハンデキャップは決して軽いものではないと思います。何年も歯医者を離れていたのにうまくいくのだろうか、何か失敗して取り返しの付かないことにならないだろうか、そんな不安を抱えるのも仕方のないことです。
そんな女性歯科衛生士は、「職場復帰セミナー」を利用することをお勧めします。これは自治体などが開催している、出産などで歯医者を離れた歯科衛生士の復職を促すためのセミナーです。歯科衛生士として再び活躍するために必要な知識や技術を教わることができます。これで復職への不安を払拭することができれば、歯科衛生士としての再スタートを後押しする良い材料になるのではないかと思います。
「歯科衛生士 復職」といったキーワードをかければ、開催されているセミナーの情報を調べることができます。お住いの地域名もキーワードに含めておけば、最寄りのセミナーを調べられます。機会があれば是非とも参加してみてください。セミナー参加をきっかけに良い歯医者に巡り会える可能性もあります。

働く女性を応援する職場を見つけられればベスト

歯科衛生士が活躍できる職場の中には、出産などで職場を離れた女性を応援する職場もあります。こういった職場に巡り合うことができれば、復職へのハードルを大幅に下げることができ、働き方についても何かと融通が効く可能性が高いです。まさに、産後に復職を希望する女性歯科衛生士にとって天国のような職場と言えるかもしれません。
そういった職場を探す際には、歯科衛生士に特化した転職サイトや就職サイトを利用することをお勧めします。その職場のアピールポイントには、女性に対する待遇について記載されている場合があります。手頃な立地で、復職を希望するママさん歯科衛生士に対しての理解がある職場が見つかれば、職場復帰のハードルも大きく下がることになります。
技術が問われる歯科医師と比較して、歯科衛生士は出産を経験した女性でも比較的復帰しやすいのではないかと思います。もちろん不安もあると思いますので、セミナーや転職サイトを上手に活用して、最適な職場を見つけてください。