歯科コラム

歯衛生士の面接で重要視されること

歯衛生士の面接で重要視されること

歯科衛生士になるには、専門学校や大学、短大に通い、国家試験に合格する必要がありますが、その国家試験を合格した後にも「面接」という難問が待ち構えています。面接ではどのようなことが重視されるのでしょうか?せっかく国家試験に合格しても面接で苦戦してしまい、なかなか歯科に勤務できないのでは残念です。よく質問されることや事前や持ち物、どのような容姿であることが面接に有利であるのかを解説していきましょう。

どのような印象、容姿が有利か

歯科衛生士にとって、清潔感や身だしなみというものはとても大切なものです。もちろん不潔な印象を与えてはいけませんし、派手な印象もNGです。接客業ですので、明るい印象で、ハキハキとした対応が出来るかどうかというのも重要になってきます。また、職場というのはチームワークが大切です。そのチームワークを乱すような人間ではないか、ということも面接でチェックされるでしょう。服装ですが、ベーシックなスーツにかかとのある黒いパンプスなど、面接に適したものを着用しましょう。アクセサリーは外したほうが無難です。髪の色が明るすぎる場合は、事前に美容室に行き黒くする必要があるかもしれません。長い髪はきっちりとまとめ、前髪は顔にかからないようにすると清潔感がアップし、好印象を得られます。化粧はナチュラルで明るい印象になるように。そして、厳禁なのはネイルアートやマニキュアです。事前に外し、短く切っておかなければいけません。もし自分が歯科に通院したとして、歯医者さんや歯科衛生士の爪がネイルでキラキラしていたり、長く伸びたままだったりしたら、信頼感はゼロになってしまいますし、不潔な印象を持ってしまいますよね。面接と言っても、そのあたりの意識の高さはしっかりとチェックされます。

面接の時の態度、受け答え

上記でもお伝えした通り、明るくハキハキとした受け答えは好印象に繋がっていきます。一緒に働きたい!と思ってもらえるように態度にも注意をしなければなりません。ふてぶてしい態度に見られてしまったり、暗いイメージを持たれてしまいわないように明るい笑顔を絶やさずに、相手の目を見て話すということが大切です。また、どうして歯科衛生士という道を選んだのか、その医院を選んだ理由などをご自身の中で明確にし、ハッキリとした言葉で相手に伝えてください。曖昧だったりすると、やる気がない、仕事への意欲が感じられない、長く続けていくつもりがあるのだろうか、と思われてしまう可能性があり面接には非常に不利になってしまいます。そして勤務経験がある場合は、以前の職場を退職した理由も聞かれると思いますが、前の職場の不平不満を言うことは大変なタブーです。仕事での不満をすぐに人のせいにするような発言は、同じように何か嫌なことがあれば辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。なるべくネガティブな内容とならないよう、その辺りも事前にしっかりと考えをまとめておく必要があるでしょう。また、自己アピールの際には、自信過剰な印象を与えないよう気を付けてください。ボールペンなど筆記用具を持参するのも好印象を得られます。

自分はどのような歯科衛生士を目指しているのか

自分はどのような歯科衛生士を目指しているのか
先ほどの、面接の時に必ず聞かれることの中に、「どうして歯科衛生士になったのか」というものがありましたが、それと同時によく質問されることは「どのような歯科衛生士を目指しているのか」です。これは、自分がこれからその職場で働いていくことにおいて、とても大切なことでしょう。そして院長や、他のスタッフに対しても、その人がどういう信念を持っているのか、どういう人物なのか、ということを知ってもらうことで、より働きやすくなっていくのではないでしょうか。歯科衛生士としてのキャリアが長い方ですと、院長との治療方針や、患者さんへの接し方などの相性があると思いますので、その辺りをお互い認識しあうことはとても重要なことですね。

その職場で働きたいかどうか

ここまででは、面接にとって有利になることを述べさせていただきましたが、面接では、自分でも本当にこの職場で働きたいかどうか、ということもチェックしなければなりません。院内の雰囲気、院長との相性、他のスタッフと上手くやっていけるかどうか…そして、気になるのは待遇面、この職場で学び成長することが出来るのかどうか。自分が、どのようにして働きたいのかを考えて、しっかりと選ぶことが大切です。今、日本では歯科衛生士という職業は人手不足に陥っています。そのことを考えると、国家資格をお持ちの方は、他の企業に比べて面接に受かる可能性はとても高いと言えるでしょう。ただ、すんなり受かってしまったからと言って、その職場が働きやすく、待遇面でもしっかりしているのかということはわかりません。ですので、ご自身で調べ、判断をすることがとても重要なことなのです。そのため面接には自信を持ち、万全の状態で臨んでいただきたいものです。