歯科コラム

ブランクは取り戻せる?歯科衛生士として復帰する流れ

ブランクは取り戻せる?歯科衛生士として復帰する流れ

女性にとって、結婚や出産、子育てなどの事情は、仕事から遠のいてしまうきっかけになることが多いかもしれません。「歯科衛生士」という仕事についても同じことで、長い時間をかけて勉強し、得た資格を活用しないのはとてももったいないことですよね。では、復帰を考えた際に、どうしたらスムーズに復帰することが出来るのか、復帰後の注意点とはなにか、ということを解説していきましょう。

復帰は難しい?

現在日本では歯科衛生士の需要が高まっている反面、深刻な人手不足にさらされています。なぜそのような状況になってしまっているのでしょうか?それは、歯科衛生士には女性が多く、結婚や出産を機に辞めてしまう方が多いためなのです。こういった背景から、歯科衛生士の人手不足を解決するために考えられているのが、休職中の歯科衛生士の復帰、となっていくのは当然の流れでしょう。ということは、復帰をするのはさほど難しいことでないのです!しかし、どのような仕事でも同じことが言えるかもしれませんが、数年のブランクというのは大きいものです。現場に復帰した後に、以前と同じようにスムーズに業務をこなしていくのは、簡単なことではないかもしれません。さらに、歯科での診察に使う機器や治療法は、日々進歩しているので、数年後に復帰したら機器の使い方がわからないなんてことがあるかもしれません。それらのことを踏まえた上で復帰を考えていけば、それほど戸惑わずに済むのかもしれませんね。

休職中の過ごし方とは?

いずれ復帰を考えているのでしたら、休職中の過ごし方も大切です。講習会などに参加していれば、ブランクが明けたときに大きく差が出てくるはずですよ。復帰を果たしたときには、自分よりも年下のスタッフに囲まれて働くことになることもあるかもしれません。その時に、いち早く即戦力となることが出来れば、プライドを保ち自信を持って仕事にあたることが出来るのではないでしょうか。最近では講習会で、実技や最新の治療の説明などが行われています。今までの知識を眠らせておくだけではなく、次々に最新の知識を身につけて行くことで、復帰がしやすくなり、復帰後の業務もスムーズにいくのではないでしょうか。業務がスムーズに行くことで周囲の対応も変わり、人間関係も円滑に進むことでしょう。

復帰をするためには?

復帰をするためには?
お子さんがいる場合の復帰は、突発的な事態にも対応してくれるような歯科を選ぶことが重要になってきます。子供が熱を出したために急に仕事を早退しなければならない、怪我をしたために迎えにいかなければならない…どのような事態がおこるのかは事前には予測不可能ですよね。まずは、その時に対応出来る体制を整えておかなければなりません。近くに、家族や気心の知れたママ友達などいてくれれば安心ですね。そのことを理解してくれる歯科医院を選んで勤務することもとても大切でしょう。柔軟に対応をしてくれないようであれば長く続けていくことは難しいです。せっかく再就職したのであれば、ずっと働けるような職場にいたいものです。そのためには、まず、面接のときにしっかりとそのことを伝えること、そして、出来れば気心の知れたスタッフがいる歯科を選ぶことが大切です。子供の手のかかる内はパートで働く、という手もあるでしょう。

復帰後の注意点

では、現場に復帰したときには、どのようなことに注意をしなければならないのでしょうか。やはり、上記でお伝えしたとおり即戦力となることが挙げられます。これは人間関係を円滑に運ぶ最も重要なこととなり、人間関係が上手くいけば職場でのストレスもかなり軽減されることでしょう。出産や子育てを体験しているのなら、きっと、以前よりも人間として大きく成長を遂げているはずです。ブランクが心配なのであれば、パート勤務から初めて、徐々に勤務時間や日数を増やしていく、という働き方もお薦めです。いずれにしても歯科によって待遇が異なってくるので、どの歯科を選ぶのか、ということはとても重要です。面接のときに、しっかりと見極めるとよいでしょう。

職場の見極め方とは

実際に働いてみないとわからないことが多くあると思いますが、面接のときにどのようなことに注意をすればいいのかをご説明します。まず、院長が、尊敬出来る人物であることでしょう。患者さんにとって歯医者さんというのは、信頼に値する人物でなければなりません。院長が下す判断や、施術、診察方法などが自分の考え方と異なってしまっていれば、当然、不信感が生まれてくるでしょう。なかなか理想通りにはいかないかもしれませんが、なるべく自分と同じ診察に対する考え方を持っている信頼できる院長のいる職場を選ぶようにしましょう。その上で、ご自身の状況を理解してくれるか、ということが大切です。一度、勤めれば、なかなか転職というのは難しいものです。焦らずゆっくりと探していくことが重要なのではないでしょうか。