歯科コラム

担当衛生士制を採用している歯科医院で働くメリット

担当衛生士制を採用している歯科医院で働くメリット

歯科医院で勤務するにあたり、どんな職場を希望されますか?歯科医師・歯科衛生士という国家資格を有しているのであれば、「担当医制(担当衛生士制度)」を採用している歯科医院で働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

今回、担当医制・担当衛生士制度を導入している歯科医院で働くにあたってのメリットを詳しくご紹介したいと思います。就職先を検討する際の参考にぜひご覧ください。

「担当医・担当歯科衛生士制」のシステム

まずはじめに、「担当医・担当歯科衛生士制」とはどんなものであるか解説します。

■担当医・担当歯科衛生士とは?
担当医・担当歯科衛生士制は一人の患者様を、毎回同じ歯科医師や歯科衛生士が責任もって担当するシステムのことです。初診で受け持ってから治療終了後の継続的なメンテナンスに至るまで、患者様のお口の健康を末永くお守りすることになります。歯科医院へお越しの患者様は、歯科医院や治療に対して、なんらかの不安を抱いている方が多いでしょう。そのような患者様との信頼関係を築くには、有効なシステムと言えます。

■やりがいに繋がる仕事
担当医・担当歯科衛生士制度の歯科医院では、毎回同じ患者様との関わりを持つためにコミュニケーション力が重要になります。きめ細やかな処置やアドバイス、心遣いに至るまで責任ある仕事です。自分が一から全て責任を持つということは、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

担当医・担当歯科衛生士制であることのメリット

このシステムは、患者様だけでなく歯科医師や歯科衛生士の働くうえでもさまざまなメリットがあります。では具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか。

■患者様との信頼関係を築きやすい
患者様側の心理を考えると、毎回同じ担当者の方が付き合いが深まり、自然に信頼関係も構築されます。長期でのお付き合いができれば、家庭や仕事などのプライベートなことまで気さくに話してくださる関係性が生まれることもあり、歯科医院に対する垣根が低くなります。

■患者様の変化に気付きやすい環境が生まれる
担当制であれば毎回同じ担当者が同じ患者様を診ることになるため、自然とお口の些細な変化に気付きやすい環境が生まれます。虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にもつながります。勿論担当制でなくてもカルテに記録しておくことで次の担当者につなぐことはできます。しかし、別の人の解釈で書かれた情報よりも、自身の前記録を読み返した方が情報を整理しやすく、詳細について把握しやすくなります。

■治療全体の流れが把握できている
初診時から担当して経過を把握できているため、患者様のお口の中の情報や治療過程などをよく理解できます。ですから患者様に対しても、その方のお口や歯並びの特徴、癖なども加味したきめ細やかなアドバイスや治療・予防などを提案し、実施することができます。
個々の患者様に合わせた治療全体の流れを作ることができるのです。

■プロとしてのモチベーションアップにつながる
担当制の場合、患者様が「合わない」と感じた際に「担当を変えてほしい」と要望されることはあります。しかし、担当変更を申し出されたのには技術不足や対応の悪さなど、何かしら理由があるはずです。それをバネにして、「今後は担当変更を申し出されないように一層努力しよう」というモチベーションアップにつながるメリットがあります。

レベルの高い歯科医院であるという目安

レベルの高い歯科医院であるという目安
担当医・担当歯科衛生士制度は、どんな歯科医院でも導入できるというわけではありません。システム運用のためには高度な条件がいくつも必要になるのです。担当制をシステム化できるという時点でも、歯科医院のレベルの高さが伺えます。具体的にはどのように高度な歯科医院だといえるのか解説します。

■スタッフには高い技術や人間性が求めれる
担当制ということは、基本的に一人のスタッフが特定の患者様を任されることになります。患者様が不愉快に感じる対応をする可能性があるスタッフには任せることができません。そのため、担当制度が導入できる歯科医院は、知識・技術はもちろんのこと、人間性も豊かな人材がいなければシステム運用は難しいでしょう。

ですから、担当制を導入している歯科医院は、レベルが高い人材が多く在籍している可能性が高くなります。これから入るスタッフも、担当医・担当歯科衛生士として活躍するのであれば個々の技術や人間性を求められる職場であると、知ることができます。

■スキルアップできる職場環境
担当制度を設けている歯科医院で自身も担当医・担当歯科衛生士として働くには、強い責任感のある人材であることが求められます。それなりのプレッシャーもかかりますので、就職後も学ぶことが苦でなく、やりがいを感じることができる人が向いています。そのため、担当制を導入している歯科医院は、多くの高度技術を持つ歯科スタッフが揃った職場環境であるといえます。周囲のスタッフから多くを学ぶことができ、自身の技術も発揮できる職場であれば、互いに刺激し合って働くことができるのではないでしょうか。

■専門技術に専念できる
一部の歯科医院では、歯科衛生士が受付や歯科助手の業務など全てを兼任していることがあったり、歯科医師が歯科衛生士業務も行いながら治療するというケースがあります。先にご紹介したように、担当制を導入している歯科医院は歯科医師・歯科衛生士としての業務が確立されます。また受付の仕事や歯科医師のアシスタントは、受付スタッフや歯科助手などが担当し、その他の業務内容もきちんと分担されることになります。したがって他の専門外業務や雑務をする必要が無く、自身のおこなうべき治療やメンテナンスに集中することができます。担当医・担当歯科衛生士制度は、環境が整えられている職場だからこそ可能となるシステムだといえるでしょう。

まとめ

担当医・担当歯科衛生士制度を導入しシステム化することは、患者様にも歯科医院側にも多くのメリットを生みます。患者様も満足のいく施術が受けられますし、施術する側は自身のモチベーションやスキルをアップさせることができる職場環境でもあります。歯科衛生士としての専門資格を活かすためにも、ぜひ専門医制度を導入している歯科医院での勤務にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今井歯科では「環境は人を育てる」をモットーとしています。担当衛生士制度を採用し、職種ごとにきちんとしたカリキュラムを作って人材育成に大きな力を注いでいます。また、患者様とのコミュニケーションを育むことも最優先に考えたシステムを採用しています。先輩の手厚い指導の下、単身で患者様を担当できるまでのサポート体制も万全です。このような日々学びの多い職場環境で、自分を高めながら一緒に働いてみませんか?