歯科コラム

歯科医師・衛生士の名簿登録|免許の訂正や再発行はどうするの?

歯科医師・衛生士の名簿登録|免許の訂正や再発行はどうするの?

歯科医師や歯科衛生士は国家試験有資格者のため、名簿の登録が必要となります。この際、歯科医師と衛生士では届け出る機関が異なるため、注意が必要です。また免許の内容に変更があったときや再発行が必要となった場合、どうすればよいのか説明いたします。

歯科医師の免許申請、名簿登録について

歯科医師の場合、有資格者として業務を行う場合、まずは免許申請を行います。その後厚生労働省で管理されている有資格者の名簿に必ず登録をしなければいけません。

■歯科医師免許申請に必要なもの
・歯科医師免許申請書(電子政府の総合窓口からダウンロードできます)
・医師の診断書
・戸籍抄本(謄本)
・登記記録がないことを証明する書面
・登録済み証明用はがき(希望者のみ)
・免許証受領用郵便切手
歯科医師として免許を登録する際に、手数料が必要となります。登録免許税(収入印紙)は、60,000円となっています。

■籍の訂正、書換え交付申請に必要なもの
戸籍に変更があった場合、速やかに申請を行います。また戸籍の変更から30日を経過してしまうと、遅延理由書が必要になります。
・書換え申請書
・変更事項を証明する戸籍抄本または謄本
・当該資格の免許証(現在持っているもの)
・登録済証明書用はがき(希望者のみ)
・免許証受領用郵便切手
なお手数料として、1,000円の収入印紙が必要です。

■再交付(再発行)申請に必要なもの
代理申請はできません。またマイナンバー記載のある住民票は受付不可のため注意して下さい。
・再交付申請書
・本籍地記載の住民票または戸籍抄本(謄本)
・当該資格の免許証
・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
・免許証受領用郵便切手
なお手数料として、3,100円の収入印紙が必要です。

■登録抹消申請書
何らかの理由で歯科医師の仕事ができない、また今後も歯科医師として働く予定がなく歯科医師免許が不要となった場合、登録の抹消を行うことができます。
・登録抹消申請書
・当該資格の免許証(現在保有のもの。紛失し、返納できない場合は免許証紛失申立書が必要)
・死亡診断書、死体検案書、除籍抄本(謄本)、失踪宣告書のどれかが必要になります。

■提出方法
書面による手続きのための申請書類などは、住んでいる地域の保健所へ持参します。埼玉県の場合は、各地域の保健所へ持参となります。また一部の県については、県庁へ持参するところもあります。

■受付時間
保健所の業務時間内に、一部県については、県庁の業務時間内に提出します。なお3~4月は保健所の窓口が非常に混み合います。そのため申請に時間がかかることを了承しておきましょう。なお埼玉県外に住所地がある人は、埼玉県内の保健所では申請を受け付けることはできないので、注意が必要です。

歯科衛生士の名簿登録について

歯科衛生士の免許を取得し、実際に歯科衛生士として働くためには、こちらも歯科衛生士登録が必要になります。また結婚などで名簿登録に変更が生じた場合、名簿を訂正しなければいけません。歯科衛生士の免許が交付されるまでの流れと、各種変更、再発行などについてご案内します。

歯科衛生士名簿には何が記載されるのか

歯科衛生士名簿には何が記載されるのか
歯科衛生士名簿に記載される内容は、以下のとおりです。記載された内容に変更が生じた場合、変更手続きを行なう必要があります。
・登録番号および登録年月日
・本籍地都道府県名(日本国籍を持たない者についてはその国籍)、氏名、生年月日
・試験合格の年月
・歯科医師免許の取り消しまたは業務の停止の処分に関する事項
・再免許の場合は、その旨
・歯科衛生士免許証もしくは歯科衛生士免許証名称を書き換え交付し、または再交付(再発行)した場合、その旨並びにその理由と年月日
・登録の抹消をした場合、その旨並びにその理由と年月日

■歯科衛生士として新規登録する場合
歯科衛生士の国家試験に合格した方は、まず歯科衛生士名簿に登録する必要があります。登録申請を行うと、歯科衛生士名簿へ名前が登録され、歯科衛生士免許証が交付されます。なお登録申請の際、診断書が必要になります。

■歯科衛生士名簿の訂正および免許証の書き換えの申請について
結婚などで、本籍地都道府県、氏名、生年月日に変更が生じた場合、30日以内に名簿の訂正の申請が必要になります。これは「歯科衛生士法」により定められた事項であり、これらに変更があった場合、必ず申請をしなければいけません。なお、住所については登録事項ではないため、引越しで住所が変わった場合は名簿の訂正、免許証の書き換えの申請は必要ありません。

■紛失などによる、免許証の再交付の申請について
運転免許証と違い、歯科衛生士免許証はいつも持ち歩いている方は少ないでしょう。そのため、いざ必要となったときに、どこにしまったかわからない、あるいはうっかりして紛失してしまったということも少なくありません。また破れた、汚れてしまったなど、見た目が汚くなってしまうことも考えられます。わかる場所にきちんと保管していれば良いのですが、どうしても見当たらないときなど、免許証の再発行の申請を行うことができます。

■登録の抹消および歯科衛生士免許証の返納の申請
もし歯科衛生士を辞め、今後もその道を歩む予定が全くないなど、歯科衛生士の登録抹消および免許証の返納をしたい場合、名簿登録抹消の申請を行うことができます。

■合格証明書の申請をしたいとき
歯科衛生士国家試験に合格した人は、合格証明書の交付申請ができます。

申請手続きについて

申請手続きは「財団法人 歯科医療振興財団」にて行います。
問い合わせ先:
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-20 歯科医師会館内
tel 03-3262-3381
この歯科医療振興財団のホームページ内に「歯科衛生士登録」のページがあり、ここに手続きの方法や、申請書の請求用紙が用意されているため、まずはこのホームページで確認してみましょう。申請のための請求用紙はホームページからダウンロードできる他、自分で作成することもできます。この時、必要事項記入が漏れないように注意します。

業務に従事する歯科衛生煮の免許の免許証の届け出について

業務に従事する歯科衛生煮の免許の免許証の届け出について
歯科衛生士業務に従事する人は、勤務先を管轄する保健所へ、免許の届け出が必要です。この届け出は、引越しなどで住所変更があった場合にも届け出が必要となりますから、くれぐれも忘れないようにして下さい。

■就業地の保健所へ届出をする場合
平成10年を初年とする、同年以降の2年ごとの各年の年末現在における氏名、住所その他省令で定められた事項を届け出ます。期限は当該年翌年の1月15日までで、就業地の都道府県知事に届けるという決まりがあります。また「届出は様式第5号によらなければならない」(歯科衛生士法第7条 施行規則第9条)となっているため、よく確認してください。

■所属歯科衛生士会に提出する場合
埼玉県の場合、埼玉県歯科衛生士会事務局に届け出ます。

届け出先:社団法人 埼玉県歯科衛生士会事務局
〒338-0805 埼玉県さいたま市針ケ谷4-2-65 彩の国すこやかプラザ5F
tel 048-835-4371

詳しいことは、面接時に確認を

歯科医師、歯科衛生士の場合は免許証に変更がある場合、申請するために色々なものが必要になります。提出先などは管轄により異なるため、面接時に確認するようにして下さい。