歯科コラム

歯科医院で働く際に注意すべき女性の身だしなみのポイント

歯科医院で働く際に注意すべき女性の身だしなみのポイント

歯科医院は女性が多い職場です。女性が中心の職場で華やかな反面、気になるのは身だしなみです。身だしなみでその歯科医院の印象が決まるといっても過言ではありません。では歯科医院で働く際に、どのような身だしなみがふさわしいのでしょうか。

スタッフの身だしなみが第一印象を決める

初診の患者様は、歯科医院のどこを見るでしょうか。
外観や入り口、待合室などといった場所は当然ですが、それ以上に患者様が注視するのは、スタッフの身だしなみなど、見た目の部分です。外観や待合室はとても綺麗で好印象を抱いたのに、スタッフの身だしなみや立ち振る舞いで、初めの良い印象を壊してしまいかねません。

病院や歯科医院などの医療機関は、スタッフ側が考えている以上に、スタッフの身だしなみが患者様の第一印象を左右するのです。それは外観以上のものであると言っても良いかもしれません。

歯科医院のスタッフとしてNGとなる身だしなみとは

もしスタッフが医療機関にそぐわないような身だしなみだったとしたら、患者様はどのように思われるでしょうか。医療機関としてふさわしくない身だしなみを挙げてみます。

■派手な髪色および清潔感のない髪型
金髪や明るすぎる茶髪、または落ち着いた色でもボサボサで清潔感がない髪型は、相手に与える印象を悪くします。

■濃いすぎるメイク
バッチリと決めたアイメイクや濃いリップカラーは、歯科医院では場違いです。患者様もびっくりして引いてしまいます。いくら接遇が良くても、メイクで台無しになってしまいます。

■派手なネイル
歯科医院では長い爪および派手なネイルはNGです。衛生上良くないとともに、医療機関では華やかな爪はふさわしくありません。

■ピアスや指輪など、たくさんのアクセサリー
たくさんのピアスや派手な装飾の指輪などは、やはり患者様に良い印象を与えません。また腕時計も、衛生上好ましくありません。必要な場合を除き仕事中は外すようにしましょう。

このような身だしなみは、歯科医院など医療機関には不向きです。特に受付スタッフは医院の顔です。いくら明るい笑顔で応対が良くても、医療機関に勤務しているとは思えないような見た目では、患者様に与える印象は当然良いものではありません。ファッション関連や美容関連ならともかく、歯科医院ではこのような身だしなみはNGです。歯科医院など医療機関にとって必要な身だしなみとは、何よりも清潔感が最優先されるべきでしょう。

好感がもたれるメイクや髪型とは

好感がもたれるメイクや髪型とは
では歯科医院にふさわしい、好印象を与える身だしなみとは、どのようなものなのでしょうか。

■清潔感のある髪型、落ち着いた髪色
髪型や髪色は、メイク同様目を引きます。長い髪の場合は後ろでひとまとめにするなど、バサバサにならないよう、しっかりとまとめておきましょう。いくら綺麗なストレートヘアや華やかなカールであっても、アシスタントとして患者様にそばについたとき、髪の毛がまとまっていないと衛生上よくありません。特に歯科衛生士は歯石除去などを行うとき、患者様と距離が近くなります。口蓋を見るときなど、髪がまとまっていないと患者様の顔に触れてしまいます。不快な思いを与えないよう、髪はきちんとまとめるようにします。

前髪に関しては、目にかかるくらい長いと、表情がわかりません。目は口ほどに物を言うと言われるように、目にかかる長さの前髪はきちんとヘアピンなどで留めておく必要があります。見た目が派手でなくても清潔感がなければいけません。

髪の色は、ナチュラルな色が好ましいです。明るすぎる色はやはり医療現場には不向きです。例えるなら甘栗のような、落ち着いたブラウンがいいでしょう。

■血色が良いナチュラルメイク
メイクは、女性にとってとても重要です。と言っても医療現場で派手なメイクはよくありません。反対にノーメイクは、疲れた感じが出てしまいます。メイクは華やかさだけでなく、健康的に見せるという大切な役割があるため、ナチュラルメイクを心がけることが大切です。

それにはまずスキンケアが大切です。いくらファンデーションをしっかり塗っても、ニキビや肌荒れは完璧にカバーすることはできません。化粧水をたっぷりつけて肌に水分を与え、乳液やクリームでうるおいを与えましょう。そしてしっかり睡眠をとることで、ファンデーションのノリや血色が違います。アイメイクは控えめに。ブラウン系やベージュ系などが無難です。アイラインも目全体を囲んでしまわず、上まぶただけにとどめるようにしましょう。

つけまつげは、仕事中に取れてしまう、もしくは取れかけのつけまつげがついた状態で患者様の対応を行うこともあるため、付けないほうが良いでしょう。チークは顔色全体を良く見せるため、おすすめです。血色を良く見せるオレンジ系などを選ぶといいでしょう。リップカラーも、コーラルベージュなどは肌馴染みが良く、患者様にも良い印象を持っていただけます。

このように、ナチュラルメイクを心がけることで、患者様に良い印象を持っていただけるだけでなく、自分自身の仕事に対するモチベーションを上げる効果も期待できます。

■ネイル
綺麗な指先と派手な指先は違います。派手なマニキュアやネイルアートなどは、歯科医院には不必要です。きちんと切り揃えられた爪に、薄いベージュやピンクのネイルが指先をきれいに見せてくれます。

受付業務は、患者様に指先を見せる機会がとても多いため、綺麗な指先で接遇することは良いことだと言えるでしょう。しかし歯科医院により、どんな薄い色でもネイルは禁止にしている場合があります。事前に確認をし、医院全体のイメージを下げないようにしましょう。ネイルアートやジェルネイルを楽しみたいのなら、足の爪で楽しんでみてはいかがでしょうか。

■ピアス、ネックレスなどのアクセサリー
アクセサリーは歯科医院により禁止にしているところや、結婚指輪のみ許可しているところなど様々です。各歯科医院の規則を確認してみて下さい。

立ち振る舞いからわかる「気配り」

立ち振る舞いからわかる「気配り」
いくら身だしなみに気を遣っても、立ち振る舞いに問題があると、その先に必要とする「気配り」に欠けてしまいます。歯科医院で本当に求められていることは、患者様に対する「気配り」ではないでしょうか。患者様が何かに困っておられる様子が見られたら、すかさず「どうなさいました?」「何かお困りでしょうか」と声をかけたり、手を貸してあげるなどの配慮ができるかどうかがポイントです。

例え別業務の最中で手が空いていなくても、「すぐにお伺いしますので、お待ちくださいね」と声をかけてあげるなど、常に患者様のことをいちばんに考えた行動を取れるよう、気をつけておくべきでしょう。それは立ち振る舞いにも表れます。相手の気持ちを考えると、言葉遣いを含め、自然と立ち振舞いもできるようになります。

身だしなみを意識して、生き生きと働きましょう

歯科医院で働く女性の身だしなみについてお話しました。医療現場で働く女性は清潔感が第一であるとともに、それに伴う立ち振る舞いや気配りが必要です。身だしなみを意識することで自分自身の様々なスキルがアップし、仕事に対するモチベーションを高める効果が期待できます。生き生きと仕事をするために、まず身だしなみから今一度見直してみてはいかがでしょう。