歯科コラム

歯科衛生士の転職時期やタイミングとは

歯科衛生士の転職時期やタイミングとは

歯科衛生士が転職するにあたり、活動しやすいといわれる時期があることをご存知ですか。より良い環境を求めて転職したいと考えるのであれば知っておきたい情報ですよね。なぜその時期に転職が集中するのか、また転職するにあたり準備する期間はどれくらい設けるべきかなども併せてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

歯科衛生士の転職活動に良い時期とは?

歯科衛生士が転職活動をするのに良いとされる時期は「5月下旬~6月上旬」と「9月~10月」だといわれています。

■5月下旬~6月上旬が転職先探しに良い理由
まずこの時期がよいとされる理由は「5月病」が大きく関わっています。新人や転職者の入れ替わりは多くの入社が4月です。そこで新人歯科衛生士が乗り越えるべき「5月病」の時期に挫折してしまった人が退職を選択してしまいます。

そこで雇用側としては早急に人材を確保したいため、給与面や雇用条件等の良い歯科衛生士の求人が増える時期だと考えられます。ですから、この時期であれば、入職するにあたって有利な条件を受け入れてもらえやすい時期でもあります。

■9月~10月が転職先探しに良い理由
この時期の退職者は、新人歯科衛生士よりも一定期間勤務した歯科衛生士の退職が多い時期です。そこで欠員の出る歯科医院が増える時期でもあります。

まず考えられる理由のひとつとして、もともと退職を考えていた歯科衛生士が、新人歯科衛生士の教育時期が落ち着いてから退職するという予定として、4月から半年後にあたる時期であることが考えられます。

また、この時期は一般企業の決算後期開始時期でもあるため、転勤シーズンでもあります。夫の人事異動によって転勤が決まり、引っ越しを機に退職するというケースも増える時期でもあるのです。そこで先と同じく、条件の良い勤務先が挙がってくる可能性が多いといえます。

■5月下旬~6月上旬と9月~10月ではどちらが良い?
ではこの2つの時期で比べればどちらか良い時期だといえることはあるでしょうか?そこを考えるには、退職者の傾向で比べてみましょう。5月下旬~6月上旬は歯科医院側の問題というよりは新卒者の甘えや社会人としての自覚が不足することにより退職するケースが多いと思われます。しかし、職場環境や院長の方針に付いていけないという理由や、先輩スタッフとの人間関係の難しさがあった職場であることも考えられます。

その点、9月~10月であれば、一定期間勤務を継続したスタッフが退職に至るのですから、5月下旬~6月上旬に比べれば幾分か職場環境や人間関係に関して不安感のない職場であると予測できるため、敷いて決めるとすれば「9月~10月」の時期に転職活動を行う方が良いと予測されます。

歯科衛生士の転職活動に必要な期間はどれくらい?

歯科衛生士の転職活動に必要な期間はどれくらい?
実際に転職のための活動を開始し、新しい職場で働き始めることができるまでには、どれくらいの期間が必要なのでしょうか。

■どんなことに時間が必要なのか
まずは「現在歯科医院で働いている」のか「育児休業中である」といったように現場を離れているのかなど、状況によっても変わります。もし現在勤務中であれば、現在の職場に退職の申し出を行い、退職日を決めなければなりません。また、勤務中でも休職中でも、転職活動で希望の就業先が決まるまでの選定期間や見学・面接をする期間も必要です。そして、就業希望先が入職決定を出すまでの期間と入職するまでの準備期間など、ご自身の状況に応じて期間に幅が出ることでしょう。

■勤務中の方が退職申し出から退職するまでの期間
退職の意思を申し出て、実際に退職するまでにどれくらいの期間が妥当なのでしょうか。大抵は次の歯科衛生士が決定するまでであったり、引き止められるなど辞めるのに苦労するという話も多くあります。法律的には最短で2週間前までに申告すれば退職できることになっています。ただし歯科医院によって就業規則を設けている場合もありますので、雇用時の契約がどのようになっているのか確認しておくようにしましょう。以前退職された歯科衛生士がどうであったかということをリサーチしておくのもよいでしょう。
一般的に約1ヶ月~2か月程度かかるというケースが多いようです。

■転職活動開始から就業先決定までにかかる期間
これは個々にどれだけ活動期間に費やすかによって差が出る項目です。すぐにでも次の就職先を探しているという人もいるでしょうし、じっくり時間をかけてでも納得のいく条件の職場に出会えるまで探したいという人もいることでしょう。一般的には2週間~1ヶ月の間に希望の勤務先を決める方が多いようです。ここに転職希望先の歯科医院が内定の合否を出すまでにどれくらい期間を設けるかという期間もプラスされます。

■転職先が決定し入職するまでにかかる期間
これも入職する歯科衛生士と歯科医院との折り合いがつくタイミングで決定されることがほとんどですので、決まった期間というものはありません。面接時にいつから就業できるのかという希望を伝えたり、歯科医院がいつから働いてほしいのかなどの話があると思いますので、しっかり確認しておくことが大切です。

転職活動をする時期は勤務中か退職後か

転職のパターンとして、現職中に活動するのか、退職後に活動するのかという2つのパターンがあります。

■現職中に転職活動をするメリット・デメリット
働きながら探すのですから、次の職場が決まるまで就職先に困ることも生活に困ることもありません。しかし、転職先が決まったのに現職がなかなか辞められないなどのトラブルになりやすく、採用が取り消されるというような事態になりかねませんので注意が必要です。

■退職後に転職活動をするメリット・デメリット
退職後の転職活動のメリットは、入職時期に悩むことがありませんのですぐにでも入職することができます。退職できずに新しい職場に迷惑をかけるようなこともありません。しかし、なかなか転職先が見つからない場合、収入が途絶えたり保険関係や年金などの加入も別で手続きが必要になるので気を付けましょう。

まとめ

歯科衛生士が転職活動をするのに良いとされる時期は、求人が多く、希望の転職先を探しやすい「5月下旬~6月上旬」と「9月~10月」だということがわかりましたね。だからといって焦って探すのは禁物です。転職するにあたり準備する期間はどれくらい設けるべきかなどを考慮し、再び転職に失敗しないように、何事にも余裕を持って準備しておかれることをオススメします。