歯科コラム

院内でのコミュニケーションが重要な理由|ハイレベルなチーム医療がある歯科医院

歯科スタッフにとって、患者様への技術や歯科医療に関する知識はとても大切です。しかしどんなによい人材であっても、ひとりでは医療は成り立ちません。

そこで今回は、歯科医院において、チーム医療の重要性と院内コミュニケーションの重要性を考えてみましょう。

今井歯科が目指す「ハイレベルなチーム医療」とは

今井歯科が目指す「ハイレベルなチーム医療」とは
今井歯科では「環境は人を育てる」をモットーとし、日々の診療を行う上で「チーム医療」に重点を置いています。ハイレベルなチーム医療を実現するために取り組んでいることをご紹介します。

■患者様とのコミュニケーション力を身につける

当院では、スタッフ全員がコミュニケーションを大切にすることによって、患者様ひとりひとりに合わせた治療プランのご提案。満足度の高い対応ができるように心がけています。

患者様ひとりひとりのお口の環境は違っていて当たり前。だからこそ患者様とコミュニケーションを密にすることで得た情報を取り入れながらより良い治療プランをご提案できるのです。

患者様とのインフォームドコンセントは必ずカウンセリングルームで落ち着いた雰囲気の中でおこない、治療前にご要望やご不安な点などはないかなど、十分コミュニケーションを取ったうえで治療に進むようにしています。

■歯科医院を取り巻くすべての方とのコミュニケーションを大切に

コミュニケーションは患者様とだけ取っていればよいのではありません。院内で共に働くスタッフや取引業者様、地域の方々など全てに対して必要です。患者様の情報をスタッフ間で共有できていれば、いつ誰が対応しても大丈夫な環境となり、患者様の満足度にもつながります。

また、取引業者様や地域の方々のご協力も、歯科医院を運営していくうえでは欠かせません。周囲皆様に常に感謝の気持ちを持ってコミュニケーションを取れる人材であれば、きっと診療の成功にもつながります。

■常に「コミュニケーション」を意識する人材を育てる

ひとくちに「コミュニケーションを取りなさい」といっても、新人時代はどうしてよいものかわからないものです。

ハイレベルなチーム医療環境の整った歯科医院には、このコミュニケーション力も育てることができる環境が備わっています。

ハイレベルなチーム医療の「育てる力」

ハイレベルなチーム医療の環境が整った歯科医院は、具体的にどのような取り組みをし、どのような仕組みがあるのでしょうか。

■新人教育マニュアルの確立

多くの歯科医院は新人教育用のスタッフマニュアルを製作しておらず、新人が入ってくるたびに在籍しているスタッフがその都度教えるという流れも多いものです。この場合、教える人が違ったり入社時期が違ったりすると、情報の質と量に差が出てきてしまいます。

教育用のマニュアルを確立し、誰がどの時期に教えても同じことが共有される仕組みを作ることで、スタッフ間のコミュニケーション力もアップします。コミュニケーション不足がもたらす混乱を減らすことは、教える側・教えられる側双方のストレスも軽減してくれます。そしてよい関係性を築くことができ、さらにチーム力がアップするのです。

■「ほう・れん・そう」を意識してスタッフ間の連携を図る

報告・連絡・相談のことをよく「ほうれんそう」といいます。この3つは、社会人として仕事をする上でコミュニケーションの第一歩。このことがきちんとできる人材が医療の現場には必要です。

間違いがあってはならない医療現場。しかしながら「ヒヤリ・ハット」は少なからず起こり得ます。重大な事故にならないためには、「ほう・れん・そう」を徹底することでヒヤリ・ハットの予防にもつながってくるでしょう。

■診療中の「話し方」を意識させる

スタッフ間のコミュニケーション力とは、単に「仲がよい」ということではありません。
逆に診療中に友達同士のような接し方をしていては、患者様にも不快感を与えてしまうことになりかねません。

スタッフ間のコミュニケーション力に大切なのは「話し方」。まずは敬語を徹底しましょう。
患者様の耳に入っても清々しく聞こえ、その医院の品格が保たれます。

また、先輩が新人へ指示する際も同様です。せっかく患者様へ丁寧な対応をしていても、スタッフ間で指導をしている際の話し方が強い口調であったり丁寧な言葉でなかったりした場合、その歯科医院の品格を下げてしまうことになりかねません。

■新人教育の中の言葉がけはタイプに合わせて

新人教育をおこなうにあたり、言葉かけのやり方次第でスタッフの能力を伸ばせるかどうかが変わります。

たとえば目標に向かって突き進むタイプと、プレッシャーに弱いタイプというように、同じことをさせたい場合にタイプに合わせて能力を発揮しやすい言葉かけに使い分けるのです。

大抵、指示しなくても自ら動けるタイプ、細かく指示したらできるタイプ、細かく指示してもなかなか理解できないタイプの3タイプに分かれます。

なぜこの仕事を頼むのかという目的と、頼みたい仕事が最終的にどうなって欲しいのかという点は必ず伝えるようにしましょう。

コミュニケーション力が高い職場環境であれば先輩からの想いが伝わり、注意する場面であってもプラスにとらえ成長につながります。

ハイレベルなチーム医療づくりのためにできること

ハイレベルなチーム医療づくりのためにできること
ハイレベルなチーム医療を確立するために、今井歯科が取り組んでいることをご紹介します。

■職種ごとの院内マニュアル

当院では、職種ごとにきちんとしたカリキュラムを作り人材育成を行っています。1か月ごとにどこまでできていればよいかという目標を項目で示し、それに向けて取り組めるようにマニュアルを確立しています。

■多様な院内勉強会やセミナーへの参加

当院はキャリアアップを目指す人材を最大限にバックアップできる体制を整えています。
個々人の「勉強してみたい」という内容を募り、申告制によりおこなう勉強会の項目を決定しています。歯科に関する基礎的なものや応用編はもちろんのこと、コミュニケーションスキルアップなど自分磨きにもつながる内容までバライティーに富んだ内容となっています。

まとめ

歯科医院における総合力とは、理念に基づいた「高度な技術や知識」「最新技術や設備」「歯科医院のモットー」「チームワーク力」の総和であると考えます。

特に多方面においてコミュニケーションをとれる人材の多い歯科医院は、ハイレベルなチーム医療の確立した歯科医院であるといえるでしょう。

今井歯科でもハイレベルなチーム医療の確立を念頭に日々診療をおこなっています。
あなたもぜひ一緒に働いてみませんか。