歯科コラム

どんな歯科医院がベスト?歯科衛生士がブランクを克服して復職するためには

どんな歯科医院がベスト?歯科衛生士がブランクを克服して復職するためには

歯科衛生士が出産や子育て等で現場から離れることは珍しくありません。そして、苦労して合格した国家資格なのですから、育児が落ち着いたら復職したいと考える人も多いのではないでしょうか?今回はそのような方々に向け、ブランクがある場合のフォロー制度や克服法を考えてみました。また復職先として、どんな歯科医院を選ぶと良いのかなどを併せてご紹介します。

昨今の復職を考える歯科衛生士事情

まずは離職する歯科衛生士の現状と、復職を希望するにあたりどのような環境下にあるのかを考えてみましょう。

■歯科衛生士の離職率とは
現在、歯科衛生士の国家資格を保有している人は24万人超。しかし就業している割合は半分以下と、離職率が高い職業と言えます。女性特有の「結婚・出産」を機に離職する人が多く、子育ての期間10年以上現場を離れているという人も少なくありません。

■復職を希望する歯科衛生士の年齢と傾向
しかし最近では復職率も年々増加傾向にあります。特に35歳以上が増えてきており、「休職していたが子育てが落ち着いたので復職する」という世代なのでしょう。ただ、復職するにあたっては現場を離れている年数が長いほど「技術の進歩についていけるかどうか」や「新しい薬剤や治療方法の覚え直しが必要」というようなブランクに不安を感じて躊躇している人も多いようです。

■就職先を考えるポイント
現在、歯科診療所1軒に対し、在籍する歯科衛生士の数は1.5人というデータもあります。歯科衛生士不足に悩む歯科医院も多く、就職先には困らないという実情はあります。ただし、やみくもに就職先を決めてしまうことはおすすめしません。

復職の場合、就職先がブランクに対するバックアップやフォロー体制ができているかどうかという事がとても大きなポイントとなるでしょう。

歯科衛生士が復職するための準備とは

では、ブランクがあることで復職に不安を抱えている場合、事前にどのような準備をしておくと安心なのでしょうか?

■復職セミナー制度を活用する
いきなり歯科医院に復職するのは不安だとお考えの方も多いでしょう。ブランクを解決するためには、各自治体の歯科医師会が開催している「復職セミナー」を利用することもおすすめです。最新の診療補助のノウハウ、予防処置や保健指導などのレクチャーがあります。取り組み内容は地域ごとにさまざま。受講料は無料ということも多く、気軽に受講することができます。

■復職者への支援が手厚い歯科医院を選択
現場経験が長くても、やはりブランクがあっての復職は厳しいと感じている歯科衛生士が多いようです。中には新卒の若い歯科衛生士と技術的に比較され、心折れて退職するというケースもあります。またパートでの復帰は、常勤歯科衛生士との格差や、仕事を任せてもらえず危惧しているという人も。

再就職先には、復職者のブランクに対してのバックアップ体制が整っている歯科医院が最適です。定期的な勉強会や学会や研修会への参加費用の補助、認定歯科衛生士などの資格支援をおこなっている歯科医院もおすすめです。

■自分の「強み」を知る
日本の平均寿命は上昇し、超高齢化社会は目前。これまで以上に高齢者への口腔ケアが重要な職務となるでしょう。また偏った食生活や、生活習慣の変化による肥満・痩身傾向や歯並びの悪さなど、子どもたちの健康問題も深刻化してきています。これからの歯科衛生士はお口のケアだけでなく、高齢者や子供たちの健康にも多方面から関わることが期待されます。そのためには「人生経験」を積んだ人材が必要なのです。

たとえば、患者様を気遣う対応の良さ、会話などで和ませることのできるコミュニケーション能力、時間制限のある作業をこなすスケジューリング能力などが挙げられます。ブランクをマイナスと考えず、むしろ休職中の期間をプラスと捉え自分の強みにしてください。

復職希望者に知ってほしい!今井歯科の職場環境

復職希望者に知ってほしい!今井歯科の職場環境
今井歯科ではブランクのある復職希望者の方でも安心して働いていただける環境であると自負しております。そんな当院の求人でご紹介している内容をご紹介します。

■ブランクに対しての手厚いバックアップ体制
当院は大規模な医療法人であるため、在籍する歯科衛生士数豊富。ブランクのある方へのフォロー体制が整っています。少人数制の歯科医院とは違い、有休やお子様の行事等でも休みを取りやすい環境といえるでしょう。

■ライフワークバランスが充実
当院ではクリニックの診療時間を大幅に短縮しています。残業はほぼ無く、最終でも18時半退勤を実施しており、ライフワークバランスがとれる歯科医院です。診療としては日曜日も診療していますが、常勤歯科衛生士であれば日曜日と平日1日の週休2日制です。交通の便もよく、1医院はショッピングモール内と利便性もよい職場環境です。

■歯科衛生士としての資格を最大限に活かせる
当院には「クリーンスタッフ」という滅菌等をおこなうスタッフがいますので、歯科衛生士は業務に専念することができる環境です。個室やカウンセリングルームも完備しており、保健指導など、自分のペースでお仕事ができます。

■働きながらスキルアップも可能
常に最新治療を導入したり、勉強会などを頻繁におこなうなど、向上心の高いスタッフばかりです。顔のリフトアップ効果もあるデンタルリフレクソロジーなど、美容を取り入れた歯科医療に取り組んでいます。歯科衛生士にプラスして、ホワイトニングコーディネーターや、歯周病学会への参加など、スキルアップできる環境が整っています。

■福利厚生・人間関係と充実の環境
当院は社会保険完備はもちろんのこと、「ライフワークバランス」を重視することから、ディズニーランドや会員制ホテル、エクシブやベイコートに宿泊できる特典のある福利厚生クラブにも加入しています。また、スタッフ同士の仲も良く、プライベートでも支え合えるような仲間が沢山います。安心してなんでも質問できる先輩もたくさんいます。

まとめ

歯科医院では歯科衛生士の確保に困窮している状況にありながら、復職したいと考える歯科衛生士が少ないのが実状です。子育てにある程度落ち着き、そろそろ復職したいと考えていても、ブランクに不安を感じる人が多いのです。離職期間を「何もしていない期間だから」と考えなくても大丈夫です。

これまでの経験やスキル、育児経験から身に付いたスキルなどを認めた上での復職支援をしてくれる歯科医院がきっと見つかります。今井歯科では復職をお考えの方を全力でバックアップできる環境でお待ちしております。