歯科コラム

担当者ごとにきちんと役割分担されている?歯科医院内の仕事の割り振りを確認

担当者ごとにきちんと役割分担されている?歯科医院内の仕事の割り振りを確認

歯科医院は歯科医師をはじめとするさまざまなスタッフで構成されています。しかし実情として、担当ごとに役割分担して診療している医院ばかりではありません。治療の中で発生する業務や作業がきちんと担当者ごとに分かれていないと、どのようなリスクや影響を及ぼす可能性があるのでしょうか。

担当ごとに分業されていない場合に起こり得ること

歯科医院は基本、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付・歯科技工士という多様な専門スタッフで構成されています。しかし中には少数のスタッフで業務を担う医院もあります。担当ごとに分業されず診療しているケースや、そのことから起こり得ることを考えてみましょう。

■1人がいくつも兼任していると業務が標準化できない
歯科医師が歯科衛生士業務もおこなったり、歯科衛生士が受付業務も兼務していたりといくつも兼任して診療しているケースがあります。このような勤務形態は小規模な医院によくみられるパターンです。
このスタイルでは、一見人員削減できて良いような気がしますが、1人のスタッフがいくつもの業務を兼任するため身に付けなくてはならないことが多くなります。覚えることが多すぎて、業務内容を標準化することが難しくなってしまいます。

■敏腕スタッフ退職後の見通しが難しい
たとえば、歯科衛生士業務はもちろん、受付業務や業者との連絡など何でもこなせる敏腕歯科衛生士さんが勤務しているとします。その歯科医院にとってはとても重宝な人材でしょう。しかし、そのスタッフが退職してしまったら?
その後に残されたスタッフも大変ですが、次に採用するスタッフをどう教育していくかがぼやけて難しくなってしまいます。

■任せきれない経営者ではスタッフが成長できない
また、何をするにも任せきれない院長がいるとします。何でもスタッフに任せるのが心配でチェックだらけ。そして自分がやったほうが早いからとすべて自分中心で診療を進めてしまうといったケースです。
こうなると「院長がいないと診療が回らない」という体制になってしまいますし、スタッフは努力や向上心、責任感を持つという事をしなくなってしまいがちです。

■法律違反になる恐れも
小規模体制の医院にありがちですが、少ないスタッフで診療の流れすべてを補っているというケースです。このような職場では受付が診療の補佐をおこなったり、歯科助手が歯科衛生士がすべき業務をおこなうような状況になることも。
歯科でおこなわれる業務には、それぞれできる業務が法律で定められています。違反していることが判明した場合には処罰を科せられることもありますので、きちんと業務の分業を図らなければなりません。

歯科医院内の仕事の割り振りを確認することの大切さ

歯科医院内の仕事の割り振りを確認することの大切さ
歯科医院内で仕事の割り振りをするとどのような良い効果が生まれてくるでしょうか?
どのように分業化したらよいか、生まれてくる効果などもご紹介します。

■スタッフの役割りをきちんと分業化しましょう
たとえば…

●歯科医師…主に診査・治療
●歯科衛生士…患者様の診療補助、予防処置、保健指導を担当
●歯科助手…診療補助、器具や設備の管理
●受付…電話対応、予約、会計、物品の在庫管理、来客対応
●歯科技工士…技工物の対応、製作

上記のように歯科医院でおこなわれる作業を細かく分類し、メインでおこなう業務を分業化することで、業務に集中できるようになります。そして業務が明確になるので業務内容を一般化しやすく、スタッフの交代時にも必要なスタッフを募集し育てていくことが可能。歯科医院の負担も軽減することにつながります。

■役割分担を明確化することでスタッフに責任感を!
歯科医院の職種ごとに役割を分業化したら、その中でも細かく役割を分担するのもよいでしょう。たとえば自身が高めたいスキルの分野(矯正やインプラントなど)は担当を申請制にするというような具合です。
また、診療以外にも外部業者との連携や勉強会などさまざまなことを何かしら責任者となるようにし、いろいろな経験を積むこともよいでしょう。
役割の大小はあれどすべてのスタッフが何かしら自分の役割を持つことで、責任感や自主性が向上することにもつながるでしょう。

■みんなが同じ方向性のベクトルを持てるようになる
複数の人が働く場所には色々な人間性の人々が集まるのですから、もちろんすべての人が主体性を持って取り組めるわけではありません。担当が無ければ「誰かがやってくれる」という考えを持つ人もいるかもしれません。
しかし大小あれど何かしらの役割・担当があれば自然とやらなくてはならないという責任感が生じてくるはずです。そして、頑張っているスタッフを近くで感じることが出来れば、「自分も頑張らなくては!」とモチベーションもアップします。
こうしてだんだんとスタッフの方向性のベクトルが揃い、向上心の高いスタッフばかりがいる歯科医院になることでしょう。

今井歯科も取り組んでいる「仕事の割り振り」で働きやすい環境を!

当院では、開業当初より院長の方針によってスタッフの専門性を活かしたシステムを構築しています。これによる効果などを是非参考にご覧ください。

■スタッフの「ビジョン」に合わせたフィールドの広さ
今井歯科には、自身の目標によって学びたいことへ挑戦できる広いフィールドがあります。
●インプラントやマイクロスコープによる歯内療法、オンナイラボでのセレックACなど最新技術に携わることができます。
●矯正、訪問診療、予防歯科など専門分野も充実し先輩も手厚く指導してくれます。
●将来歯科医師として独立したい場合、外部との連携や経営数値の管理等学べます。

■「ISO9001」を取得した歯科医院
ISO9001とは、国際標準化機構といい、よいサービスを提供するためのシステム管理がされている企業に与えられる称号です。
今井歯科ではこの称号を取得しており、経験のない新人スタッフでも安心して働ける「マニュアル」が部門ごとに構築されています。

■勉強会・研修会・学会等参加を申告制に
今井歯科では個々人の「勉強したい」という意欲や向上心を尊重し、申告制によって決定。勉強熱心なスタッフへのバックアップを惜しみません!
働きながら新たな資格に挑戦したり、専門技術を磨くスキルアップも十分可能です。

■「設備」「仲間」「チャンス」の3要件
これまでご紹介した今井歯科の3つのシステムは、院長の「環境は人を育てる」をモットーから構築されたものです。
専門分野の歯科医師、各職種のスタッフがそれぞれ自分の担うことに責任を持つことが「チーム医療で成果を上げる」ということにもつながると考えます。またそのことが個々人の成長にもつながることでしょう。

まとめ

歯科医院内での仕事の割り振りは、忙しい中ではなかなか難しい場面もあるでしょう。特に小規模医院であれば、担当を決めたり役割分担するのは難しいかもしれません。
しかし歯科医院の理念に基づきあえて役割を分担することで、スタッフの向上心が高まり診療もスムーズになるのではないでしょうか。

今井歯科では専門分野をしっかりと学びながら成長することができ、専門分野に特化した学びも沢山あります。見学も随時可能です。是非一緒に働きながら成長しませんか?