歯科コラム

歯科医師経験者・新卒・非常勤がそれぞれ働く際に確認すべきこと

歯科医師経験者・新卒・非常勤がそれぞれ働く際に確認すべきこと

歯科医師が職場を選ぶ際、どんなところを重視しているでしょうか?これには歯科医師経験者・新卒であるか、また常勤・非常勤であるかによってもそれぞれの想いに違いがあることでしょう。
今回は働く側の想いと、採用する側の医院がどういう人材を求めているかを考察します。
充実した日々をおくるためにも、「失敗しない職場選び」の参考に是非ご覧ください。

採用される側が勤務先で得るべきものとは?

歯科医師として臨床現場で勤務するにあたり、勤務先で何を得るのかによって働く場所を考える必要があります。どのような場合にどんな職場がよいのか考えてみましょう。

■新卒の歯科医師はしっかりと基礎から学べる場で
新卒して最初に働く職場は、その歯科医師の今後を大きく左右する職場になるといっても過言ではありません。
歯科医師という仕事にやりがいを感じ、「歯科医師になって良かった」と思えるようになるには、勤務医時代に何をどう学び身につけたかが重要です。
しっかりとした基礎が学べて、将来的な経営についても身につく職場に勤務できるとベストです。

■歯科医師経験者はスキルアップと経験値の向上
歯科医師として現場経験者が転職・復職する場合、次の就職先には何かしらの目標や想いがあって就職先を決められることでしょう。
これまでの経験や実績を活かし、経験を沢山積むことができ、スキルをさらに高めることのできる職場がベスト。たとえば目標とする分野が多く経験できる職場であったり、セミナーや勉強会に積極的に取り組んでいる職場などが理想的でしょう。

■「非常勤」というスタイルで働くことのメリット
常勤歯科医師として働いている歯科医師は1医院での勤務ですから、当然その歯科医院の方針や診療分野での職務になります。
もちろん給与面や福利厚生など安定した面も多いですが、いろいろな職場での経験を積むことができる非常勤歯科医師というスタイルであれば、複数の歯科医院のパターンが経験できます。将来開業を目指していたり、専門分野を極めたいといったような目標があるのであれば、多くの経験と経営スタイルを見ることができて参考になります。
また産後、常勤での勤務が困難な女性歯科医が非常勤での採用を利用するという働き方もあります。

採用する側が求める歯科医師の「スタイル」とは?

採用する側が求める歯科医師の「スタイル」とは?
採用される側が「どんな歯科医院に勤務したいか」考えるように、採用側である歯科医院も「欲しい人材」があります。採用にあたり、どんな人材を求めているのか見極めるのも大切です。

■歯科医院と人材の「共通点」を見ている
歯科医院の特性や目指す部分にズレがあると、円滑に診療が進まなかったり長続きせずに辞めてしまうことになってしまいがちです。
そこで採用側は、その人の仕事を通した目標の高さや行動力があるかなどを面接の際に知りたいと思っています。
これまでの経験や実績、どんな歯科医師になりたいかなどの目標などを明確にして、面接官に伝わりやすく話すことが大切です。

■面接中の会話の中で「人間性」を見ている
志望動機や自己PRなどは、面接のときに必ず聞かれる質問です。そこで採用する側も「ある程度準備してきている」ということは解っています。
話す内容も大切ですが、会話中に出てくる「人間性」を見られていることも気に留めておきましょう。
その人の考え方、どんな人間性の人なのかだけでなく、話していることの信ぴょう性は「表情」や「目線」、「声のトーン」なども見られています。

■まずは自分の目標を立てることが大切
職場選びをする際には、まず求人票で「給与」や「福利厚生」に目が行きがち。働いたことに対しての報酬ですから、もちろん重要な項目です。しかし、これから歯科医師として勤務する中で、自分のやりたい分野とは違うというような目標が無いままに勤務していては長続きしないでしょう。
採用されるために過大な内容を考えるのではなく、自分の目標を素直な気持ちで表現できる職場を選ぶことが、長く勤めることができる職場にもつながります。

勤務先選びで押さえておきたいポイント

勤務先選びでは、次のような押さえておきたいポイントを参考にしてみてください。

■まずはライフプランとキャリアビジョンを計画しましょう
職場選びの際に、まずはライフプランとキャリアビジョンを立ててみましょう。
例えば、「〇年後に独立開業を目指す」とか、「〇〇の専門医として開業するために〇〇の専門分野の先生の下で働きたい」というような、歯科医師としての目標です。
歯科医師としての勤務先選びに大切なのは、自分が目指すキャリアが積める歯科医院であるかどうか。また、自分のライフプランが遂行できそうであるかというような部分です。
自分の職場を考えることは、新卒であるか経験者であるかによっても違うでしょうし、常勤・非常勤であるかによっても違うでしょう。

■希望の歯科医院を「よく知る」努力をしましょう
勤務し始めてから「こんなはずじゃなかった」となってしまうことは避けたいものです。採用され、働きだしてから解ることも多いのでしょうが、できれば面接申し込みをする前に希望歯科医院のことをよく知っておきましょう。
経営理念や診療方針はもちろん、勉強したい技術や内容が学べる職場であるかということや来院患者様の年齢層や傾向なども参考に。
求人票だけではなく、歯科専門求人サイトやホームページなども利用して慎重にリサーチすることをおすすめします。

■情報の公開「オープン」な歯科医院を選びましょう
最近では多くの歯科医院が自院ホームページを掲載しています。患者様向けでもあり、リクルートページなどを設けて採用される側にも解りやすく歯科医院を紹介しているサイトも多く、とても参考になります。
このような情報をオープンに掲載している歯科医院は向上心も高く、歯科技術においても日々新しいものを追求し勉強にも熱心であることが多いでしょう。

■今井歯科ではオープンに情報提供しています!
今井歯科では、臨床歯科医としての基礎力を養い、歯科経営のいろはを身につけることができる職場を経営理念に掲げています。よって「歯科医になって良かった!」と思っていただける環境があると自負しております。そしてその環境を多くの歯科従事者のみなさんに知っていただきたいと思い、ホームページでも院長の経営理念や当院の特徴を細かくオープンに掲載しています。
働き方も多様に対応しています。歯科医師経験者・新卒・非常勤と働き方に合わせた独自のマニュアルと先輩スタッフのサポートがありますので、安心して勤務していただけると思います。

まとめ

歯科医師経験者・新卒・非常勤というキャリアの違いや働き方の違いによって職場選びでどこに着目するべきかということは参考になりましたか?
それぞれ何を目標にすべきかを明確にし、歯科医院側が求める人材と共通点の多い職場を選ぶことが大切です。

今井歯科では、皆様が成功して幸福な歯科医師人生をおくるために身につけるべき環境を整えられると考えています。是非一度、見学にいらして体感してみてください!